なぜパウロは異邦人の使徒と呼ばれたのですか?

答え



パウロは自分自身をローマ人への手紙第11章13節で異邦人の使徒と呼んでいます。パウロがユダヤ人に説教したことがないというわけではありません。それどころか、彼の習慣は、新しい都市に入るときに会堂で最初に説教することでした(使徒17:2)。そして、他の使徒たちが異邦人に説教したことがないというわけではありません(使徒10章を参照)。しかし、本当の意味で、異邦人の間でのパウロの働きは独特でした。パウロの使命は異邦人に福音を宣べ伝えることでした。彼は私を異邦人のためのキリスト・イエスのしもべとして選び、彼の良いたよりのために祭司の仕事をすることを選びました。神は、聖霊が異邦人を聖なる供え物にして、彼を喜ばせることができるようにこれをされました(ローマ15:16、CEV)。

パウロは神の選択によって異邦人の使徒でした 。主イエスは、パウロのために特別な使命を持っていると宣言しました。この人は、異邦人とその王たちの前、そしてイスラエルの人々の前で私の名前を伝えるために私が選んだ道具です(使徒9:15)。パウロは異邦人の間で[キリスト]を説教するために、誕生から離れて神の恵みによって召されました(ガラテヤ1:15–16)。



パウロは異邦人の使徒でした。なぜなら、彼の宣教の大部分は異教徒の土地で異邦人の間に教会を植えることに費やされたからです。 。パウロはヨーロッパの地で最初に福音を宣べ伝えました。彼の3回の宣教師の旅は、ユダヤ人の土地から、ダイアナ、ゼウス、アポロが崇拝されていたジェンタイル地域、キプロス、アテネ、マルタ、そして最終的にはローマへと彼を遠ざけました。彼はスペインでも説教したいと思っていましたが(ローマ15:24)、彼がこれまでにそれを成し遂げたかどうかは定かではありません。



パウロは異邦人の土地で奉仕する義務を負っていたので異邦人の使徒でした 。パウロの証言は、この恵みが私に与えられたということでした。異邦人にキリストの限りない富を宣べ伝えるためです(エペソ3:8)。ペテロは(主に)ユダヤ人に説教し、パウロは(主に)異邦人に説教するように命じられました。神はペテロにユダヤ人に説教する責任を与えたのと同じように、異邦人に福音を説教する責任を私に与えてくださいました。ガラテヤ2:7、NLT)。

パウロは異邦人の使徒になる資格がありました。彼は十分な教育を受けており、ガマリエルの下でモーセの律法について徹底的に訓練されており(使徒22:3)、タルススで古典的なローマの教育を受けていました。彼はユダヤ法(ガラテヤ4:21–31)から自分の主張を主張し、ギリシャ文学(使徒17:28;テトス1:12; 1コリント15:33)からそれを説明する能力を持っていました。パリサイ人としてのパウロの訓練(ピリピ3:5)は、彼がどこでもシナゴーグにアクセスすることを可能にし、ローマ市民権の特権も保持しました。これにより、ローマ世界全体に機会の扉が開かれました(使徒22:3、25–29; 28:30 )。



主は、救いがすべての人々に提供されていることを示すために、異邦人の使徒としてパウロを特別に選びました。エペソ3:6は、キリストが異邦人とユダヤ人の両方をどのように結びつけるかについて語っています。これが神の計画です。良いたよりを信じる異邦人とユダヤ人の両方が、神の子供たちが受け継いだ富を平等に分かち合っています。どちらも同じ体の一部であり、キリスト・イエス(NLT)に属しているため、どちらも祝福の約束を享受しています。主がその栄光のために至る所で人々に手を差し伸べ続け、神が私たちを呼ばれるところならどこへでも行くというパウロの意欲を示してくださいますように。

Top