なぜ祭壇の火が絶え間なく燃えたのですか(レビ記6:13)。

答え



レビ記は、祭壇の火が継続的に燃えることであったと何度か述べています。神はそこで永遠の火を望んでおられました、そして彼はそれの理由を持っていたに違いありません。

律法を与える前に、神は茂みの中から火の炎の中でモーセに現れました。モーセは、茂みが燃えていても燃え尽きないのを見ました(出エジプト記3:2)。神はモーセに人々をエジプトから新しい土地に導くように呼びかけたとき、継続的な火の出現を選びました。後に、神がイスラエル人をエジプトから導き出されたとき、神は夜に火の柱として現れました(出エジプト記13:21–22)。



それから法が来ました。幕屋の外では、全焼のいけにえの火は燃え続けるように命じられました。消えることはありませんでした。レビ記6章13節は次のように述べています。火は祭壇で燃え続けなければなりません。外に出てはいけません。これはこの章で3回言及されています(9、12、13節)。



進行中の火が非常に重要だった理由の1つは、それが神によって直接始められたということです。火は主の前から出て、祭壇の全焼のいけにえと脂肪の部分を焼き尽くしました。そして、すべての人々がそれを見たとき、彼らは喜びを叫び、うつ伏せに倒れました(レビ記9:24)。したがって、祭壇への火は、神の力を常に思い出させるものとして役立ちました。天からの贈り物でした。他の火の源は神に受け入れられませんでした(数3:4を参照)。

この火はまた、神の臨在を表しています。神は燃える火です(申命記4:24)。シェキナの栄光は、全焼のいけにえの祭壇の火の中に見えました。この継続的な神の臨在は、救いは主のものであることをイスラエル人に思い出させました。燔祭でなされた贖罪は、彼を通してのみなされることができました。



新約聖書の中で、バプテスマのヨハネは、メシアが御霊と火でバプテスマを授けると予測しました(マタイ3:11;ルカ3:16)。火は裁きと洗練のしるしとして役立ちましたが、それはまた、聖霊が異言の形でペンテコステに来ることを思い出させます(使徒2:3)。

燔祭の祭壇で絶え間なく燃えている神の火は、イスラエル人に神の存在の現実と神の必要性を思い出させるのに役立ちました。幕屋の崇拝がソロモン王とユダヤ人の神殿の建設の時まで続いたので、神聖な火は砂漠で40年間、そしておそらくそれを超えて耐えました。神殿が奉献されたとき、神は再び祭壇に火を灯しました(歴代第二7:1)。

Top