聖書の教えに関してなぜそんなに混乱しているのですか?

答え



神は私たちに神と神の道について教えるために聖書を与えてくださいました、そして神は混乱の神ではないので(1コリント14:33)、すべての混乱は世界、肉、そして悪魔。世界とは、神の言葉を理解したり気にかけたりしない、不敬虔な世界システムとその人々を指します。肉は、クリスチャンが持っている長引く罪深い性質であり、彼らの敬虔な歩みを損なうものです。そして悪魔は、しばしば光の天使になりすましている間に、神の言葉をひねるサタンと彼の悪魔を指します(2コリント11:14-15)。

これらの力のそれぞれは、神の言葉について人々を混乱させようとして、個別にまたは協調して行動することができます。しかし、ほとんどの混乱は、私たち自身の怠惰や誤った教えに起因します。最終的に、そして最も悲劇的なことに、聖書についての混乱は、救いの誤った希望につながる可能性があります。そしてそれがサタンの究極の目標です。サタンがイエスを誘惑したとき、彼は攻撃のために神の言葉の誤解を使用しました。サタンは今日も同じことをしており、聖書の真理を取り、それを誤用しています。サタンは、神の言葉のように聞こえながら、悲惨な結果をもたらすように、神の言葉をひねるのに熟練しています。



聖書が教えていることについての混乱は、貧弱な聖書翻訳、あるいは意図的に歪められた翻訳に起因する場合があります。しかし、多くの場合、混乱は、ラジオ、テレビ、インターネットで見られる信者と偽りの説教者、教師、作家(コリント第二11:12-13)の間の真剣な研究の欠如から生じます。これらの偽預言者は適切な翻訳さえも受け、無知とデザインの両方を通して、神の言葉をねじって歪め、彼ら自身の議題を促進したり、世界の思考に訴えたりします。怠惰な聖書研究や他の人に頼って神の言葉を教えるのではなく、神の言葉を熱心に研究し、聖霊に頼るべきです。彼は、ご自身と神の創造、祈り、礼拝、クリスチャンの愛、サタンとの戦い、個人的な行動、教会の行動、そしてイエス・キリストとの個人的な関係の達成に関する神の真理に心を開きます。



最も致命的なのは、福音の真理に関して混乱が蔓延していることです。聖書はイエス・キリストが唯一の道、唯一の真理、そして唯一の命であると教えていますが(ヨハネ14:6;使徒4:12)、今日、福音主義のクリスチャンと自称する多くの人は、天国は他の方法や他の宗教によって得ることができると信じています。しかし、明らかな混乱にもかかわらず、羊は羊飼いの声を聞き、羊飼いだけに従います(ヨハネ10:27)。羊飼いに属していない人は健全な教義に耐えることはできませんが、彼らは自分の欲望に従って教師を自分自身に盛り上げ、耳をくすぐります(テモテ第二4:3)。神は私たちに彼の霊と、季節の内外で謙遜と忍耐をもって聖書の真理を説き、真理の言葉を正しく扱う労働者を承認するために勉強するようにとの命令を与えてくださいました(2テモテ4:2)。 2:15)主イエスが戻って、すべての混乱に終止符を打つまで。

Top