聖書にないのに、なぜ伝道で言及されているキリストを受け入れるのですか?

答え



新約聖書の時代以来、クリスチャンはさまざまな教義を単純化または説明するために新しい用語を造る必要性を見出してきました。聖書にはどちらの用語もありませんが、三位一体とプロトエバンジェリウムを参照します。キリストを受け入れることは聖書に見られる言葉ではありませんが、聖書の根拠があります。 三位一体 します。




イエスとその追随者たちはしばしば救いとそれに続く聖霊の内在を贈り物と呼びました。例えば、イエスは井戸の女性に言われました、もしあなたが神の賜物を知っていて、それがあなたに飲み物を求めているのは誰かを知っていれば、あなたは彼に尋ね、彼はあなたに生きた水を与えたでしょう(ヨハネ4:10)。パウロは言った、「罪の報いは死ですが、神の賜物は私たちの主キリスト・イエスにおける永遠のいのちです(ローマ6:23)。

定義上、贈り物は強制されませんが、受け取られる必要があります。贈り物は拒否することができます。バプテスマのヨハネはイエスについて言った、彼は彼が見聞きしたことを証言しますが、だれも彼の証言を受け入れません。それを受け入れた人は、神が真実であることを証明しました(ヨハネ3:32-33)。言葉 受け入れる これは、黙示録22:17で翻訳された同じギリシャ語の翻訳です。希望する人は誰でも、命の水の無料の贈り物を彼に受け取らせてください。受け取り、受け入れ、受け取ります。これが、私たちが神の無料の贈り物で行うことです。救いが提供されますが、贈り物を受け取るためにはその申し出を受け入れる必要があります。私たちはキリストへの信仰を行使することによってこれを行うので、キリストを受け入れるというフレーズは、単にキリストへの信仰を置き、彼の救いを受けるという略記です。



キリストを受け入れるなどの用語を使用する目的は、聖書の理解が限られている人に真理をより効果的に伝えることです。用語が理論的に正しく、理解を助ける限り、それは聖書の語彙の一部である必要はありません。伝道中に特定の用語が誤解を招く場合は、紛らわしい用語を捨てて、聖書から真理を辛抱強く説明するのが良いでしょう。キリストを受け入れるというフレーズは聖書には現れていませんが、贈り物を受け取るという概念は現れており、このフレーズはほとんどの伝道の文脈でうまく機能しているようです。



Top