なぜすべてのユダヤ人がエルサレムに戻りたがらなかったのですか(エズラ1:5-6)。

答え



エズラ記は、ペルシャのキュロス王がユダヤ人にエルサレムに戻る自由を提供することから始まります。エズラ1:5–6の記録、それからユダとベンジャミンの家族の長、そして祭司とレビ人、つまり神が心を動かされたすべての人は、エルサレムに上って主の家を建てる準備をしました。彼らのすべての隣人は、すべての自由意志の提供に加えて、銀と金の品物、商品と家畜、そして貴重な贈り物で彼らを助けました。

したがって、すべてのユダヤ人が家に帰ったわけではありません。彼らの中には、サイラスの命令を利用してバビロンを去った人もいれば、バビロンにとどまり、金、銀、その他の資源を寄付するのを手伝った人もいました。



バビロンに留まるという決定には、いくつかの要因が関係していました。何人かのユダヤ人は年を取りすぎて帰ることができなかっただろう。エルサレムが滅亡してから70年が経ち、約900マイルの旅に耐えられなかった人もたくさんいました。幼い子供がいる家族や病気や障害のある家族にも同じことが言えます。



バビロンの慰めのために、ユダヤ人の何人かはおそらく移動を拒否しました。彼らの多くは亡命中にバビロンで生まれました、そして彼らは他に何も知りませんでした。さらに、多くのユダヤ人は、サイラスの治世中に重要な地位を獲得しました。彼らは彼らがいた場所で快適でした。

一部のユダヤ人がエルサレムに戻らなかったもう1つの理由は、個人の安全に対する懸念でした。エルサレムへの道とユダヤの地自体は危険に満ちていました。実際、エズラは彼らの旅の安全のために祈りと断食の時間に彼と一緒に彼らを導きました—それはたった4ヶ月しかかからなかったので旅は速いと考えられました(エズラ8:24–36)。 31節は、私たちの神の手が私たちの上にあり、途中で敵や盗賊から私たちを守ってくださったと述べています。



残念ながら、この時、何人かのユダヤ人は神に不従順で生きていました。その結果、彼らはエルサレムに戻る必要性を感じなかったでしょう。

最後に、一部のユダヤ人が帰国しないことを選択した別の理由は、そこに国を再建するために必要な仕事の量でした。エルサレムは再建されなければならないでしょう。城壁を含む街全体を再建することは容易な挑戦ではありませんでした。

エステル記に詳述されているように、ペルシャに残ったユダヤ人は後に彼ら自身の問題に直面しました。エルサレムに戻った人々は、神の約束を果たすために都市を再建し、神殿の崇拝を再開するという神の計画の一部でした(エレミヤ29:10)。

Top