なぜ神はイスラエル人を400年間エジプトに送ったのですか(創世記15:13)。

答え



創世記15:13で、主はアブラハムに、あなたの子孫が彼らのものではなく、そこで召使いとなる土地に滞在し、400年間苦しむことを確実に知ってくださいと告げています。神は起こるすべてのことを知っておられ、未来の一部をアブラハムに明らかにされました。神の計画には、400年間ユダヤ人をエジプトに送ることが含まれていました。

理由については、この節の文脈でいくつかの情報が提供されています。 14-16節は読んでいますが、私は彼らが仕える国について裁きを下し、その後彼らは大きな財産を持って出て来るでしょう。 。 。 。そして、彼らは第四世代でここに戻ってくるでしょう。なぜなら、アモリ人の罪はまだ完全ではないからです。 2つの主要な予測は、この400年の待機期間を説明するのに役立ちます。



第一に、イスラエル人がエジプトを去った結果の1つは、大きな財産となるでしょう。もちろん、するために 離れる エジプト、彼らはしなければならなかった なれ そこの。神は彼らの退出がイスラエルにとって非常に豊かであることを意味すると約束されました。これは出エジプト記12章で成就しました。イスラエル人が10回目の疫病に続いてエジプトを去ったとき、彼らはエジプト人に彼らの旅に価値のあるものを求めるように言われました。イスラエルの人々。 。 。エジプト人に銀と金の宝石と衣服を求めました。そして主はエジプト人の目の前で人々に好意を与えたので、彼らは彼らに彼らが求めたものを持たせた。したがって、彼らはエジプト人を略奪しました(35-36節)。



第二に、アモリ人の不義はまだ完全ではないので、主は約束の地をイスラエルに与える前に待ちたかったのです。アモリ人は他の神々を崇拝し、他の多くの罪に加わった。神は、イスラエルがいつか住むであろう土地から彼らを取り除くと約束されました。しかし、神はエジプトのイスラエルのために400年を含む特定の期間を念頭に置いていました。彼は確かに怒りに遅く、憐れみに満ちています(詩篇103:8)。イスラエル人が約束の地に戻った後、主が予言されたようにアモリ人は滅ぼされました(民数記21:31-32;ヨシュア記10:10; 11:8)。

神は確かに、イスラエル人を約束の地に置くために別の方法または別の時間枠を選択することができましたが、彼は自分自身に栄光をもたらすために特定の方法を選択しました。エジプトでの400年間の滞在には、神の知恵と力の多くの例が含まれていました。飢饉の間のヨセフのイスラエル人の保護、モーセのリーダーシップの上昇、そして紅海の横断などの神の大きな奇跡はすべて、エジプトでのイスラエルの時代の一部でした。



Top