なぜ神はサタンと悪霊に罪を犯させたのですか?

答え



天使と人類の両方で、神は選択肢を提示することを選びました。聖書はサタンと堕天使の反逆について多くの詳細を述べていませんが、おそらくすべての天使の中で最も偉大なサタン(エゼキエル28:12-18)は、誇りを持って神に反逆することを選んだようです。彼自身の神になるために。サタン(ルシファー)は神を崇拝したり従ったりしたくありませんでした。彼は神になりたかったのです(イザヤ14:12-14)。黙示録12:4は、天使の3分の1がサタンの反逆を追うことを選択し、堕天使、つまり悪魔になったという比喩的な描写であると理解されています。

しかし、人類とは異なり、天使たちがサタンに従うか、神に忠実であり続けるかという選択は、永遠の選択でした。聖書は堕天使が悔い改めて許される機会を与えていません。また、聖書は、より多くの天使が罪を犯す可能性があることを示していません。神に忠実であり続ける天使は、選ばれた天使として描写されます(1テモテ5:21)。サタンと堕天使は神の栄光のすべてを知っていました。彼らが神について知っていたにもかかわらず、彼らが反逆することは、最大の悪でした。その結果、神はサタンと他の堕天使に悔い改める機会を与えません。さらに、聖書は、神が彼らにチャンスを与えたとしても、彼らが悔い改めると信じる理由を私たちに与えていません(1ペテロ5:8)。神はサタンと天使たちに、彼に従うかどうかにかかわらず、彼がアダムとイブに与えたのと同じ選択を与えました。天使たちは自由意志で選択することができました。神は天使たちに罪を犯させることを強制したり奨励したりしませんでした。サタンと堕天使は彼ら自身の自由意志で罪を犯したので、火の池での神の永遠の怒りに値します。



結果がどうなるかを知っていたのに、なぜ神は天使たちにこの選択を与えたのですか?神は、天使の3分の1が反逆し、それゆえに永遠の火に呪われることを知っていました。神はまた、サタンが人類を罪に誘惑することによって彼の反逆を促進することを知っていました。では、なぜ神はそれを許されたのでしょうか?聖書はこの質問に対する答えを明確に示していません。ほぼすべての邪悪な行動についても同じことが言えます。なぜ神はそれを許しておられるのですか?最終的に、それは神の創造に対する神の主権に戻ります。詩編作者は私たちにこう語っています、神に関しては、神の道は完璧です(詩篇18:30)。神の道が完璧であるなら、私たちは神がすること、そして神が許すものは何でも完璧であると信じることができます。ですから、私たちの完全な神からの完全な計画は、罪を許すことでした。イザヤ55:8-9で神が私たちに思い出させてくださるように、私たちの心は神の心ではなく、神の道でもありません。



Top