使徒教父は誰でしたか?

答え



使徒教父は、使徒たちの直後に住んでいた初期のクリスチャンの指導者と作家のグループでした。彼らの著作は通常、西暦80年から180年の間に日付が付けられています。使徒教父のほとんどは、使徒たちを個人的に知っているか、何らかの方法で使徒教父とつながっていたと考えられています。ポリュカルポスは伝統的に使徒ヨハネの弟子と見なされています。クレメントはおそらくローマの2番目、3番目、または4番目の司教であり、彼は使徒の何人かを知っていた可能性があります。ヘルマスはおそらくクレメントを知っていたので、ローマの教会に精通していました。

使徒教父の時代、教会を悩ませていた主な異端はグノーシス主義と仮現説であったので、それらの神学的異常に対抗するために真実を提示することは使徒教父の主要なテーマです。使徒教父の書簡には、第1および第2クレメント、イグナシア書簡、ポリュカルポスのフィリピアンへの手紙、ポリュカルポスの殉教、バルナバの手紙(タイトルにもかかわらず匿名)、ディダケー(12人の使徒の教え)、手紙が含まれます。 (または書簡)ディオグネトゥスとヘルマスの牧者へ。一部の学者には、パピアスの著作の断片や、弁証学の初期の例であるクアドラトゥスの謝罪の断片も含まれています。当初から、使徒教父のすべての著作は教会によって重要であると評価されていました。初期の聖書には、1冊と2冊のクレメント、ヘルマスの牧者、バルナバの手紙など、数冊の本が含まれていました。



使徒教父はギリシャ語で書き、旧約聖書のギリシャ語訳であるセプトゥアギンタを使用しました。使徒教父の書物には、知恵文学、賛美歌、黙示録的な予言、イエスの教え、初期のキリスト教の指導者への指示、たとえ話、聖書の一節についての考察などが含まれています。使徒たち自身が語ったこと。ファーストクレメントはコリント教会への手紙であり、彼らに彼らの過ちを示し、彼らに彼らのやり方を変えるように説得するために書かれました。イグナチオの7つの手紙は、エフェソス、マグネシア、トラレス、ローマ、フィラデルフィア、スミルナの教会に書かれています。これらの場所と教会のうちの4つは、新約聖書でも直接のコミュニケーションを受けました。



使徒教父の著作には、新約聖書と同じジャンルが含まれています。最初のクレメント、イグナチオの手紙、およびポリュカルポスのフィリピアンへの手紙は、教会または個人への手紙、または手紙です。バルナバの手紙は、一般的な手紙の例です。ヘルマスの牧者は終末論的なスタイルで書かれており、たとえ話も含まれています。 Diognetusへの手紙は本質的に謝罪です。セカンドクレメントはヘブライ人によく似ており、新約聖書の外でキリスト教徒の最も初期の例です。ポリュカルポスの殉教は殉教であり、新約聖書に匹敵するものはありません。 Didacheは通常、信者のための初期のマニュアルまたはガイドと見なされます。それは彼らに信仰の基本を教え、バプテスマの準備をします。

用語 使徒教父 17世紀の後半にのみさかのぼります。もともと、使徒教父は使徒教父と呼ばれていました。彼らの書物は、1世紀と2世紀の三位一体の教義の重要性、初代教会が使徒たちに対して持っていた敬意、そして教会の指導者たちが彼らの会衆に対して持っていた熱烈な愛を示しています。



Top