聖書のバルクは誰でしたか?

答え



聖書にはバルークという名前の男性が何人かいます。名前 バルーク 祝福されていることを意味し、今日でも使用されています。

ネヘミヤはその名前に言及しています バルーク 3回、2人またはおそらく3人の異なる個人を指します(ネヘミヤ3:30; 10:6;および11:5を参照)。これらの個人については、ネヘミアがエルサレムを統治している間にさまざまな活動に関与したことを除いて、ほとんど情報が提供されていません。



聖書で最もよく知られているバルクは、預言者エレミヤの書記とおそらくしもべです。エレミヤは主からのメッセージを受け取ったので、それらを書き留めたバルクに口述しました。



エレミヤ書で問題になっているのは、バビロンの王がイスラエルに勝利するというエレミヤの宣言です。この勝利は、主が人々の慣習とユダのリーダーシップに不満を持っていたことを証明するものとなるでしょう。もちろん、指導者たちはこれを聞きたくありませんでした。

エレミヤ32:11–16で、エレミヤは土地を購入し、証書に関するすべての法的要件の処理をバルクに任せています。これは予言的な行為でした。イスラエルの神である全能の主は次のように述べています。家、畑、ブドウ園はこの土地で再び購入されます(15節)。裁きは永遠に続くことはないので、これは希望のメッセージでした。イスラエルは回復し、通常の活動が再開されます。



36章で、エレミヤは主が彼に与えられたすべての言葉を書き留めるように命じられています。エレミヤ自身が実際の執筆をするようにバルクに呼びかけたので、その命令が巻物に言葉をコミットすることではなかったことは明らかであるように思われます。

ユダの王ヨシヤの子エホヤキムの四年目に、この言葉は主からエレミヤに届きました。私は今までヨシヤの治世にあなたに話し始めました。恐らく、ユダの人々は、私が彼らに与えることを計画しているすべての災害について聞いたとき、彼らはそれぞれ彼らの邪悪な道から離れるでしょう。それで私は彼らの邪悪と罪を赦します。」それでエレミヤはネリアの子バルクを呼び、エレミヤが主が彼に語られたすべての言葉を口述したのに対し、バルクはそれらを巻物に書きました(1-4節)。

単語が書き留められたら、それらを読む必要がありました。エレミヤは以前に指導者と交代したために神殿の敷地に立ち入ることを許されなかったので、聞く人すべてにメッセージを読むためにバルクを送りました(エレミヤ36:5–10)。

指導者の何人かは、バルクが読んだことを聞いて、彼にそれをもう一度読むように頼みました。それは彼がしました(エレミヤ36:11–15)。バルクが巻物から読んだすべての言葉を聞いた後、彼らは恐れて言った、「私たちはこれらすべての言葉を王に報告しなければなりません」(16節)。それから彼らは預言の出所についてバルクに尋ねました、そしてバルクはエレミヤがすべての言葉を口述し、バルクがそれらを巻物にインクで書いたと説明しました(17-18節)。それから役人はバルークに言った、あなたとエレミヤ、行って隠れなさい。あなたがどこにいるのか誰にも知らせないでください(19節)。しかし、指導者たちは王に読むために巻物を持っていました。王との聴衆の過程で、いくつかの列が読まれるたびに、王はそれらを巻物から切り取り、火の中に投げ入れました。結局、巻物全体が燃え尽きましたが、王が主の言葉を聞く前ではありませんでした(20–26節を参照)。

バルフがエレミヤの口述で書いた言葉を含む巻物を王が燃やした後、主の言葉がエレミヤに来ました。上。' 。 。 。そこでエレミヤは別の巻物を取り、それをネリアの書記官バルクの息子に渡しました。エレミヤが命じたように、バルクはユダの王エホヤキムが火で燃やした巻物のすべての言葉を書きました。そして、多くの同様の言葉が彼らに加えられました(エレミヤ36:27–28、32)。巻物を燃やしても言葉が通り過ぎるのを防ぐことはできず、新しい巻物が用意されました。神の言葉は耐えます。

43章で、エレミヤは主からの彼のメッセージを話します、そして、何人かの著名な男性は、バルクが実際にエレミヤに裁きのメッセージをもたらすように促していると非難します(1-3節を参照)。

バルクの最後の言及はエレミヤ45章にあります。裁きのメッセージは主からのものでしたが、バルクとエレミヤは彼らが愛した都市と国が裁きで滅ぼされるだろうと悲しみました。預言者エレミヤは、ユダの王ヨシヤの子エホヤキムの四年目に口述しました。エレミヤはこれをバルクに言いました。主は私の痛みに悲しみを加えました。私はうめき声で疲れ果てて、休むことができません。しかし、主は私にあなたに言うように言われました、これは主が言われることです:私は私が建てたものを倒し、私が植えたものを地球全体に根こそぎにします。それならあなたは自分のために素晴らしいものを探すべきですか?それらを求めないでください。わたしはすべての人に災いをもたらし、主を宣言しますが、あなたがどこへ行っても、わたしはあなたをあなたの人生で逃がします」(1-5節)。

ここで神は、荒廃が大きく、バルクにとって悲しみであっても、個人的には免れると約束されています。主はバルクに自分のために素晴らしいことを求めないように警告します。彼は主が約束された救出に満足しなければなりません。

バルクへのこの最後の言葉は、クリスチャンにも関係があります。クリスチャンは破壊される運命にある世界に住んでいます。自分のために素晴らしいことを求めたり、地上で素晴らしいことを求めたりするクリスチャンは、近視眼的です。クリスチャンは、神が求めておられることを忠実に行い、来るべき裁きから逃れるという事実を喜ぶべきです。

Top