バプテスマのヨハネのバプテスマの意味と重要性は何でしたか?

答え



今日は言葉ですが 洗礼 一般的に、キリストの死、埋葬、復活と同一視するという考えを呼び起こしますが、バプテスマはクリスチャンから始まったのではありません。キリストの前の何年もの間、ユダヤ人は異邦人の改宗者の儀式の浄化の儀式でバプテスマを使用していました。バプテスマのヨハネはバプテスマを受けてユダヤ人自身に適用しました。クレンジングが必要だったのは異邦人だけではありませんでした。多くの人がヨハネのメッセージを信じ、バプテスマを受けました(マタイ3:5–6)。ジョンが行ったバプテスマには特定の目的がありました。

マタイ3:11で、バプテスマのヨハネは彼のバプテスマの目的について述べています。悔い改めのために水であなたにバプテスマを授けます。パウロは使徒19:4でこれを確認しています。ヨハネのバプテスマは悔い改めのバプテスマでした。彼は人々に彼の後に来るもの、すなわちイエスを信じるように言いました。ヨハネのバプテスマは悔い改めと関係がありました。それは、心を変えて新しい方向に進むことの象徴的な表現でした。彼らは罪を告白し、ヨルダン川で彼からバプテスマを受けました(マタイ3:6)。ヨハネからバプテスマを受けたことは、自分の罪の認識、霊的な清めへの願望、そしてメシアの到来を見越して神の律法に従うという決意を示しました。



パリサイ人のように、ヨルダンの宣教を観察するためにヨルダンに来たが、自分たちで水に足を踏み入れることを望まなかった人もいました。ヨハネは彼らを厳しく叱責しました。バプテスマを授けていた場所にパリサイ人とサドカイ人の多くがやって来るのを見たとき、彼は彼らに言いました。誰があなたに来たるべき怒りから逃げるように警告しましたか?悔い改めに合わせて実を結ぶ」(マタイ3:7–8)。宗教指導者でさえ、罪の必要性は見られませんでしたが、罪を悔い改める必要がありました。



今日のクリスチャンのバプテスマは、悔い改め、清め、献身を象徴していますが、イエスはそれに別の重点を置いています。キリスト教のバプテスマは、キリストの死、埋葬、そして復活との同一性のしるしです。それは、完全なクレンジングと、新しく作られた人の自然な反応であるコミットメントを表しています。十字架でのイエスの犠牲は私たちの罪を完全に洗い流し、私たちは聖霊によって力を与えられた新しい命に育てられます(2コリント5:17–21;ローマ6:1–11)。ヨハネのバプテスマによって、人は罪を悔い改め、それゆえにイエス・キリストに信仰を置く準備ができました。ヨハネのバプテスマは、旧約聖書の犠牲システムが行ったように、イエスが成し遂げることを予見していました。

ヨハネは人々に彼らの罪と彼らの救いの必要性を認めるように呼びかけることによってキリストのための道を準備しました。彼のバプテスマは、人々の心が救い主を受け入れる準備をすることを目的とした浄化の儀式でした。



Top