配偶者が浮気をしたクリスチャンの反応はどうあるべきでしょうか。

答え



不貞は非常に困難で痛みを伴う状況を生み出します。それはすべての感情を含み、クリスチャンにとって、信仰をほぼ限界点まで伸ばすことができます。最善のことは、すべての心配事を彼に委ねることです。彼はあなたのことを気にかけています(1ペテロ5:7)。もしあなたが間違っているなら、毎日主に慰め、知恵、そして指示を求めてください。神は最も深い試練を通して私たちを助けてくださいます。

姦淫は常に間違っています。神は姦淫者とすべての性的に不道徳な者を裁かれます(ヘブル13:4)。負傷した当事者は、神が復讐者であるという真実の中で休むべきです。不当な扱いを受けた個人は、平等になることを心配する必要はありません。神は私たちを復讐するというはるかに良い仕事をしてくださいます。私たちが裏切られたとき、私たちはすべての詳細を知っていて、それを適切に扱う人に苦痛を与える必要があります。



祈る。知恵、いやし、導きを求めて主を求めなさい。自分のために、犯罪者のために、そして関係者のために祈ってください。主があなたの考え、言葉、行動、決定を導くように祈りましょう。



正直になりなさい。裏切られた配偶者は、深い傷の影響を受けます。不貞によって引き起こされた怒りや傷を負わせるのは適切です。これらの感情を神に表現することは、真の癒しへの第一歩となる可能性があります(詩篇77:1–2を参照)。私たちの感情と必要を神に与えることで、神は私たちの心に仕え、私たちが罪を手放し始めることができるようになります。クリスチャンのカウンセラーや牧師からの敬虔な助言が役に立ちます。

許します。私たちは許されたように他の人を許します(エペソ4:32)。私たちは、悔い改めて私たちのところに来て、罪を告白する、浮気をした配偶者を含め、誰にでも許しを与える用意ができていなければなりません(マタイ6:14 –15; 18:23 –35;エペソ4:31 – 32;コロサイ3:13)。真の許しはしばらくの間達成されないかもしれませんが、 意欲 許すために常に存在する必要があります。苦味を宿すことは罪であり、日常の決断に悪影響を及ぼします。



賢くなれ。不貞な配偶者がする可能性を考慮しなければなりません いいえ 彼または彼女の罪を悔い改めます。罪を告白せず、悔い改めない人を赦しますか?答えの一部は、許しが何であるかを覚えておくことです いいえ

許しは忘れていません。私たちはその経験を忘れることなく、それに対処して前進することを求められています。

許しは結果の排除ではありません。罪は自然な結果をもたらします、そして許された人々でさえ彼らの過去の選択の結果としてまだ苦しむかもしれません:人は彼の足を焦がさずに熱い石炭の上を歩くことができますか?別の男の妻と一緒に寝ている人もそうです。彼女に触れた人は誰も罰せられません(箴言6:28–29)。

許しは感情ではありません。それは犯罪者を許すことへのコミットメントです。これは、違反者と違反者の間で行われる取引です。感情は許しを伴う場合と伴わない場合があります。

許しは、個人の心の中の私的な秘密の行為ではありません。許しには少なくとも2人が関わっています。これが、告白と悔い改めが必要な理由です。

許しは信頼の自動回復ではありません。今日不貞な配偶者を許すことは、すべてが明日正常に戻ることを意味すると考えるのは誤りです。聖書は、自分が信頼できないと証明した人々を信用しない多くの理由を私たちに与えています(ルカ16:10–12を参照)。信頼の再構築は、真の許しを伴う和解のプロセスの後にのみ開始できます。もちろん、それは告白と悔い改めを伴います。

また、重要なのは、許しです 提供 許しと同じではありません 受け取った 。 The 態度 許しの-許すことをいとわない-は実際とは異なります 取引 許しの。告白と悔い改めのプロセスと信頼の再構築を短絡させてはなりません。

許しは不当な配偶者によって提供されるかもしれませんが、完全には、事件を起こした人が許しの必要性を認め、それを受け取り、関係に和解をもたらす必要があります。

許してください。私たちが自分の罪を告白するなら、彼は忠実で公正であり、私たちの罪を赦し、すべての不義から私たちを清めます(1ヨハネ1:9)。結婚が危機に瀕しているとき、両当事者は、それぞれが状況全体にどのように貢献し、神の前で罪悪感の重さから解放されたかを理解するのを助けるように神に求めるべきです。その時点から、彼の助言と導きを求める自由があります。彼の聖霊は彼らが彼ら自身ではできないことをすることを可能にするでしょう。私は私に力を与えてくれる彼を通してこれをすべて行うことができます(ピリピ4:13)。

神が導かれるように、真の許しと和解が可能です。どんなに時間がかかっても、許し、和解するためにあらゆる努力をしなければなりません(マタイ5:23–24を参照)。留まるか去るかについては、妻が不貞である場合を除いて、妻と離婚して他の誰かと結婚する人は姦淫を犯します(マタイ19:9、NLT)。罪のない当事者には離婚の理由があるかもしれませんが、神の好みは許しと和解です。

要約すると、クリスチャンの配偶者が浮気をしたとき、不当な扱いを受けた当事者は苦しみを防ぎ(ヘブライ12:15)、悪に悪を返済しないように注意しなければなりません(ペテロ第一3:9)。私たちは喜んで許し、心から和解を望んでいるべきです。同時に、悔い改めない人に許しを与えるべきではありません。すべてのことにおいて、私たちは主を求め、主に私たちの全体性と癒しを見つけなければなりません。

Top