寓話的解釈法の何が問題になっていますか?

答え



寓話的な(または精神的な)解釈の方法は、改革の間に置き換えられるまで、約1、000年間教会で顕著でした。改革派は聖書の明白な意味を求めました。

寓意的解釈は、テキスト内のより深く、精神的な意味を探します。テキストが文字通りの意味を持っていることや、報告された歴史的事件が真実であることを必ずしも否定するわけではありませんが、寓話的な通訳者はより深い象徴的な意味を探します。いくつかの例が役立つ場合があります。



雅歌はしばしば寓話的に、キリストが教会に対して持っている愛を指していると解釈されます。



Scofield Reference Bibleで、C。I.Scofieldは創世記1:16を寓話的に解釈しています。創造に関する聖句の明白な意味を否定することはありませんが、彼はより深い精神的な(彼はそれを類型論的と呼んでいます)意味を見つけます。より大きな光/太陽はキリストであり、より小さな光/月はキリストの光を反射する教会であり、星は個々の信者です。

彼の中で 創世記のキリストの肖像 、M。R。デハーンは、アダムが眠りにつけられ、彼の側が開かれ、彼が負傷し、彼の血が流され、その傷から彼の花嫁が連れ去られたので、アダムは一種のキリストであると言います。同じように、キリストは死に、彼の側を突き刺され、その試練から彼の花嫁、教会が生み出されました。アダムがイブは彼の骨の骨であり、彼の肉の肉であると言ったように(創世記2:23)、教会はキリストの体、肉、そして骨です(エペソ5:30を参照)。



おそらく寓意的解釈の最も有名な例は、ルカ10章の善きサマリア人のたとえ話についてのオリゲネスの説明です。寓話的な見方では、奪われた人はアダム、エルサレムは楽園、そしてエリコは世界です。司祭は律法であり、レビ人は預言者です。サマリタンはキリストです。ロバはキリストの肉体であり、負傷した人の重荷を負い(傷は彼の罪です)、宿は教会です。サマリタンの再臨の約束は、キリストの再臨の約束です。

寓話は美しく正当な文学的装置であることを認識する必要があります。ジョンバニヤンの 巡礼者の進歩 キリスト教の生活の寓話として書かれました。この物語では、ほとんどすべての行動と性格が、より深く、精神的な意味を持つことを目的としています。バニヤンの話を文字通り解釈することは、要点を完全に見逃すことになります。

実際、寓話的、類型的、象徴的な解釈の間にほとんど違いはありません。彼らは皆、聖書のテキストを文字通り読んでいるように見えるものの背後にあるより深い意味を探しています。しかし、これらの方法は、文字通りの解釈に反対して設定されるべきではありません。なぜなら、すべての通訳者は、聖書の一部の箇所が象徴的、類型的、または寓話的に解釈されることを意図していることを認識しているからです。たとえば、伝道の書12:1–7は荒廃した地所について語っていますが、これは人体に対する年齢と時間の荒廃の寓話です。すべてのクリスチャンは、旧約聖書の犠牲がキリストのより大きな犠牲の象徴であることに同意するでしょう。イエスが言われたとき、私はぶどうの木であり、あなたは枝です(ヨハネ15:5)、誰も彼らの腕から芽生えている葉やブドウの房を見つけることを期待していません。黙示録の文字通りの解釈を主張する人々でさえ、獣は動物ではなく人間であると期待しています(黙示録13:4を参照)。

象徴的な方法でとられることを意図した聖書の一節の文字通りの読みを主張することは、テキストの意味を見逃すことです。たとえば、最後の晩餐で、イエスはパンとワインについてこう言われました、これは私の体です。 。 。 。これが私の血です(ルカ22:19–20)。部屋にいたイエスの聞き手は、メニューのすべての項目が象徴的に解釈された過越の祭りの食事に参加していました。彼らにとって、イエスがこれら二つの要素に関して文字通り話していたと突然考えることは、文脈にとって完全に異質です。比喩は、今日そしてキリストの時代に使用されていると認められた文学的な装置です。イエスは同じように簡単に言うことができました、これは私の体と私の血を表していますが、過越の祭りの文脈では、そのような直接性は必要ありませんでした。

寓意的解釈の方法の問題は、寓話的解釈を見つけようとすることです。 毎日 そのように理解されることを意図しているかどうかに関係なく、聖書の通過。寓話をする通訳者は、テキスト自体に基づいた制御がなく、非常に創造的である可能性があります。自分の信念を寓話に読み込み、それが聖書の支持を持っていると考えるのは簡単になります。

黙示録をめぐる意見の不一致からも明らかなように、聖書を高く評価している人々の間でも、特定のテキストを文字通りに解釈するのか、比喩的に解釈するのか、そしてどの程度まで解釈するのかについては、常に意見の相違があります。寓話的または比喩的に解釈されるテキストについては、テキスト自体、またはテキストを象徴的に理解するように導いたであろう元の読者の文化的背景の何かに正当化が必要です。聖書を高く評価しているすべての通訳者の目標は、 意図されました テキストの意味。意図された意味が単に歴史的事実の文字通りのコミュニケーションまたは神学的真理の直接的な説明である場合、それは霊感を受けた意味です。意図された意味が寓話的/類型的/象徴的/比喩的である場合、通訳者はテキストと元の聞き手/読み手の文化の中でそれの正当性を見つける必要があります。

Top