聖霊の注ぎは何ですか?

答え



聖霊の注ぎ出し、つまり人々を満たし、住まわせるための神の霊の注ぎ出しは、旧約聖書で予言され、ペンテコステで成就されました(使徒2)。この出来事は旧約聖書で予言されました。イザヤ44:3で、神はイスラエルに言われました、私はのどが渇いた土地に水を注ぎ、乾いた地面に小川を注ぎます。私はあなたの子孫に私の霊を注ぎ、あなたの子孫に私の祝福を注ぎます。聖霊は、死にゆく人々を救い、祝福する命の水として描かれています。ペンテコステの日に、ペテロは別の予言が成就したと述べました。私はすべての人に私の霊を注ぎます。あなたの息子と娘は予言し、あなたの老人は夢を夢見、あなたの若い男性は幻を見ます。男性も女性も僕のしもべにも、あの頃は霊を注ぎます。 。 。 。そして、主の名を呼び求める者はみな救われるでしょう(ヨエル2:28–29、32)。

聖霊の注ぎは、新しい時代、教会時代の到来を告げました。旧約聖書では、聖霊はごく少数の人々にのみ、そして通常は短期間しか与えられなかった珍しい贈り物でした。サウルがイスラエルの王に油を注がれたとき、聖霊が彼に臨みましたが(サムエル上10:10)、神がサウルに対する祝福を取り除いたとき、聖霊は彼を去りました(サムエル上16:14)。聖霊は、オトニエル(士師記3:10)、ギデオン(士師記6:34)、サムソン(士師記13:25; 14:6)の生活の中で特定の瞬間や季節に来て、彼らが彼を行うことができるようにしましたイスラエルに仕えます。ペンテコステでは、聖霊が注がれました 全て キリストを信じる者たち、そして彼はとどまるようになりました。これは、聖霊の働きに大きな変化をもたらしました。



イエスは逮捕される前に、弟子たちに聖霊を送ると約束されていました(ヨハネ14:15–17)。御霊はあなたと共に生き、あなたの中にいるでしょう、とイエスは言われました(ヨハネ14:17)。これは、教会時代のもう一つの特徴である、御霊の内在の予言でした。使徒2章での聖霊の注ぎ出しは、イエスの言葉の成就でもありました。聖霊がすべての信者に力強く、目に見える(そして聞こえる)方法で現れたからです。ルークはその出来事を記録します。突然、激しい風が吹くような音が天から来て、彼らが座っていた家全体を満たしました。彼らは、火の舌のように見えるものが分離し、それぞれの上に止まるのを見ました。彼ら全員が聖霊に満たされ、聖霊が彼らを可能にしたので、他の言葉で話し始めました(使徒2:2–4)。すぐに、霊に満ちた信者たちはエルサレムの街に出て、キリストを説教しました。その日、3000人が救われ、バプテスマを受けました。教会は始まりました(41節)。



人類に聖霊が注がれたのは、イエスの血によって批准された新しい契約の発足でした(ルカ22:20)。新しい契約の条件によれば、すべての信者には聖霊が与えられます(エペソ1:13)。ペンテコステ以来、聖霊は救いの瞬間にすべての信者にバプテスマを授けてきました(1コリント12:13)。彼は神の子供たちを永久に住まわせるようになります。

使徒言行録には、3つの異なる時期に3つの異なる人々のグループに聖霊が注がれることが3つあります。 1つ目は、エルサレムのユダヤ人と改宗者に対するものでした(使徒2)。二つ目は、信じるサマリア人のグループ(使徒8章)に対するものでした。三つ目は、信じる異邦人のグループに対するものでした(使徒10)。重要なことに、ピーターは3つの噴出すべてに出席していました。大宣教命令が遂行されていたとき、神は3回、明白なしるしをもって聖霊を遣わされました。同じ使徒の前で同じ方法でユダヤ人、サマリア人、異邦人に臨む同じ聖霊は、初期の教会を統一し続けました。ユダヤ人の教会、サマリア人の教会、ローマの教会はありませんでした。教会が1つ、主が1つ、信仰が1つ、バプテスマが1つありました(エペソ4:5)。



御霊の注ぎ出しは、御霊の満たしとは異なります。溢れ出るのは、聖霊が地球にやって来るという独特のことでした。私たちが神の私たちの生活の支配に委ねられるときはいつでも、充満が起こります。私たちは御霊に満たされるように命じられています(エペソ5:18)。この点で、信者は御霊に満たされるか、御霊を消すことができます(1テサロニケ5:19)。どちらの場合でも、聖霊は信者と共に残ります(旧約聖書の時代とは対照的に、聖霊は行き来します)。御霊の満たしは神の意志への服従の直接の結果としてもたらされ、消光は神の意志に反抗する直接の結果です。

特定の場所や時間に特定の人々のグループに聖霊が注がれることを今でも探している人もいますが、そのようなペンテコステスタイルの出来事の繰り返しに対する聖書の支持はありません。教会はすでに始まっています。使徒たちはすでにその基礎を築いています(エペソ2:20)。時々私たちは聖霊に来るように頼む歌を歌います。現実には、彼はすでに救いの瞬間に私たちのところに来ており、一度来たら、彼は去りません。御霊の注ぎ出しは、教会時代とすべての信者に聖霊が与えられる新しい契約を導いた完全な予言です。

Top