歴代誌第二7章14節の意味は何ですか?

答え



私の名前で呼ばれる私の民が謙虚になり、私の顔を求めて邪悪な道から立ち返るなら、私は天から聞いて彼らの罪を赦し、彼らの土地を癒します(歴代第二7:14、ESV)。




聖書のどの節も理解するための鍵は文脈です。直接の文脈、つまりその前後の聖句、そして聖書のより大きな文脈があり、その聖句が物語全体にどのように適合するかがあります。歴史的および文化的文脈もあります—彼らの歴史と文化に照らしてその詩が元の聴衆によってどのように理解されたか。文脈は非常に重要であるため、単独で引用したときに意味と適用が単純に見える詩は、文脈で解釈すると、かなり異なる意味を持つ可能性があります。

歴代誌第二7章14節に近づくとき、最初に直接の文脈を考慮しなければなりません。ソロモンが神殿を奉献した後、主は彼に現れ、彼にいくつかの警告と安心を与えました。主は夜に彼に現れて言った、「わたしはあなたの祈りを聞いて、この場所を自分のために犠牲の神殿として選びました。」雨が降らないように天を閉めたり、イナゴに土地をむさぼり食うように命じたりしたとき。または私の民の間に疫病を送りなさい、私の名前で呼ばれる私の民が謙虚になり、私の顔を求めて彼らの邪悪な道から立ち返るなら、私は天から聞き、彼らの罪を赦し、彼らの土地を癒します(歴代第二7:12–14)。



歴代誌第二7章14節の直接の文脈は、その聖句がイスラエルと神殿と結びついており、神が時々干ばつ、イナゴ、疫病の形で土地に裁きを下すかもしれないという事実を示しています。



数節後、神はこう言われます。しかし、あなたが背を向けて、わたしがあなたに与えた布告と命令を捨て、他の神に仕え、彼らを崇拝するために出て行くなら、わたしは彼らに与えたわたしの土地からイスラエルを根こそぎにします。私が私の名前のために奉献したこの寺院を拒絶します。私はそれをすべての人々の間で言葉と嘲笑の対象にします。この寺院は瓦礫の山になります。通りすがりの人は皆、愕然とし、「主はなぜこの地とこの神殿にそのようなことをされたのか」と言うでしょう。人々は答えます。エジプトの人々であり、他の神々を受け入れ、崇拝し、仕えてきました。そのため、彼はこのすべての災害を彼らにもたらしました」(歴代第二7:19–22)。

ソロモンはこの警告を申命記28章の繰り返しとして認識していたことは間違いありません。神はイスラエルと契約を結び、彼らが神に従う限り、彼らの世話をし、彼らを繁栄させると約束されました。彼はまた、彼らが従わなかった場合、彼らにのろいをもたらすと約束しました。契約関係のために、彼らの従順と繁栄、そして彼らの不従順と彼らの苦難の間には直接の対応がありました。申命記28章は、従順の祝福と不従順の呪いを詳しく説明しています。繰り返しますが、イスラエルに対する神の祝福と神の罰は、彼らの従順または不従順を条件としていました。

法の下でのこの祝福とのろいは、士師記に示されています。裁判官の第2章は、しばしば裁判官のサイクルと呼ばれます。イスラエルは罪に陥るでしょう。神は彼らを裁くために別の国を遣わされました。イスラエルは悔い改めて主を呼び求めました。主は彼らを救うために裁判官を立てるでしょう。彼らはしばらくの間主に仕え、それから再び罪に陥りました。そして、そのサイクルは続くでしょう。

歴代誌第二7章では、主はソロモンに以前の合意を単に思い出させます。イスラエルが従えば、彼らは祝福されます。彼らが従わない場合、彼らは裁かれます。裁きはイスラエルを悔い改めさせることを意味し、神はソロモンに、もし彼らが謙遜になり、祈り、悔い改めれば、神は彼らを裁きから救われると保証されます。

文脈において、歴代第二7章14節は、古代イスラエル(そしておそらく現代のイスラエルでさえ)への約束であり、彼らが悔い改めて主に戻るならば、主は彼らを救うでしょう。しかし、米国の多くのクリスチャンは、この聖句をアメリカへの集会の叫びとしてとらえています。 (おそらく他の国のクリスチャンもそうしているでしょう。)この解釈では、クリスチャンは神の名によって呼ばれる人々です。もしも クリスチャン 謙虚になり、祈り、神の顔を求め、悔い改めます。そうすれば、神は彼らの土地を癒します。多くの場合、道徳的および政治的な癒しと経済的な癒しが視野に入れられます。問題は、これが適切な解釈/適用であるかどうかです。

現代の西洋化された解釈が遭遇する最初の問題は、米国が古代イスラエルが享受していたのと同じ契約関係を神と持っていないということです。イスラエルとの契約は独特で排他的でした。イスラエルに適用された条件は、他のどの国にも適用されなかっただけであり、これらの条件が採用されて別の国に適用されることは不適切です。

クリスチャンがまだ神の名によって呼ばれ、ある意味でイスラエルとの契約を継承していることに反対する人もいるかもしれません。これはある程度真実かもしれません。確かに、ある国が困っているなら、その国のクリスチャンによる祈りと悔い改めの対応は常に適切です。ただし、見落とされがちな別の問題があります。

古代イスラエルが悔い改めて主を求めたとき、彼らはそうしていました たくさん 。国全体が悔い改めた。明らかに、すべてのイスラエル人が悔い改めて祈ったわけではありませんが、それでも 全国 悔い改め。国の少数派(義にかなった残党)が悔い改めて祈ることができ、国全体の運命が変わるという兆候はありませんでした。国全体が悔い改めたとき、神は救いを約束されました。

歴代誌第二7章14節が米国または他の現代の国のクリスチャンに適用されるとき、通常、その国のクリスチャン、つまり神の御霊によって新たに生まれたイエス・キリストの真の信者は正しい残党を構成します。神は、義にかなった残党が彼らの国のために悔い改めて祈るなら、国が救われるとは決して約束しませんでした。おそらく、国の悔い改めが起こった場合、神はヨナの説教でニネベを免れたので、現代の国を免れるでしょう(ヨナ3を参照)が、それは別の問題です。

そうは言っても、私たちの罪を告白して祈ることは決して間違いではありません。実際、罪が私たちを妨げないように(ヘブライ12:1)、私たちの罪を絶えず告白して見捨て、私たちの国のために祈ることは、信者としての私たちの義務です。そして権威ある者たち(1テモテ2:1–2)。その結果、神の恵みによって私たちの国が祝福されるかもしれませんが、国の救出の保証はありません。たとえ神が国の悔い改めと復活をもたらすために私たちの努力を用いたとしても、国が政治的または経済的に救われるという保証はありません。信者として、私たちはキリストにおける個人的な救いが保証されており(ローマ8:1)、神が私たちを使って神の目的を達成することも保証されています。聖なる生活を送り、神を求め、祈り、そして信じる者全員が救われることを知って福音を分かち合うことは信者としての私たちの義務ですが、聖書は私たちの国の政治的、文化的、経済的救済を保証するものではありません。

Top