聖霊の明白な存在と神の遍在との違いは何ですか?

答え



神の遍在は、一度にどこにでもいるという神の属性です。私たちが彼の存在を経験しなくても、彼は遍在しています。私たちが彼を認識していなくても、彼はここにいます。もちろん、神の明白な存在は明白にされました。神が私たちと一緒にいるという事実は明確で説得力があります。

神の遍在は三位一体の各人に適用されます:父(イザヤ66:1)、息子(ヨハネ1:48)、そして聖霊(詩篇139:7–8)。神が遍在しているという事実は、私たちの側に特別な経験をもたらすかもしれないし、もたらさないかもしれません。しかし、神の明白な存在は、神が私たちと明白にそして紛れもなく相互作用した結果です。それから私たちは神を体験します。



聖書は、三位一体の各人が特定の個人の生活の中に明らかに自分自身を存在させたと記録しています。父なる神は出エジプト記3章の燃える茨の茂みでモーセに語られました。神はずっとモーセと一緒にいましたが、その後、ホレブ山近くの荒野の向こう側(出エジプト記3:1)で、神はご自身を現すことを選びました。ヨハネによる福音書第1章14節にあるように、子なる神は受肉を通してご自身を現わされました。ペンテコステの日、上の部屋の信者たちに聖霊が現れました。突然、激しい風が吹くような音が天から来て、彼らが座っていた家全体を満たしました。彼らは、火の舌のように見えるものが分離し、それぞれの上に止まるのを見ました。彼ら全員が聖霊に満たされ、聖霊が彼らを可能にしたので、他の言葉で話し始めました(使徒2:2–4)。弟子たちの生活における神の明白な臨在の結果は、世界がひっくり返ったことでした(使徒17:6を参照)。



神学的には、神は遍在していることを私たちは理解していますが、その事実は感覚で容易に識別されません。それは現実ですが、その現実は、彼の存在の感覚を持たない地球上の大多数の人々には関係がないように思われるかもしれません。彼ら 感じられる 彼は遠く、近くではなく、その感覚が彼らの知覚された現実になります。

私たちは、神の明白な存在を経験的に知っています。御霊の明白な存在は、目に見えないか、聴覚的であるか、または物理的に感知することができないかもしれませんが、それでもなお、御霊の存在は経験されています。彼が選んだ時、御霊は彼の存在を明らかにし、私たちの神学的知識は経験的知識になります。信条の知人は愛情のこもった親しみになります。



詩篇71節で、ダビデは苦しみの中で、愛情深く、慈悲深く、義にかなった神に祈っています。ダビデは神が彼と共におられることを理解しており、それが彼が祈る理由です。祈りの終わり近くに、ダビデは言います、あなたは私に多くのそして苦い問題を見させましたが、あなたは私の人生を再び回復するでしょう。地球の深さからあなたは再び私を育てます。あなたは私の名誉を高め、もう一度私を慰めます(20-21節)。神の臨在はダビデの人生の中でしばらくの間隠されていました、そしてそれは多くのそして苦いトラブルの時でした。しかし、ダビデは神の明白な臨在をもう一度知ることを信頼しました、そしてそれは名誉と慰めの時でしょう。

神はシャドラク、メシャク、アベドネゴを見捨てることはありませんでした。しかし、しばらくの間、存在する唯一の有力者はネブカドネザル王であるように思われました—そして彼は3人のヘブライ人男性に殺人的に激怒しました。王は、神の遍在に気づかずに、3人を燃えている燃えるような炉に投げ入れました。そして、それは神が彼の存在を明らかにしたときです:ネブカドネザル王は驚いてそして驚いて彼の足元に跳躍しました。 。 。言った、「見て!私は4人の男性が火の中を無傷で無傷で歩き回っているのを見て、4人目は神々の息子のように見えます(ダニエル3:24–25)。異教の王でさえ、神の存在の現実が認識できるようになりました。これは神の明白な存在でした。

私たちは神の存在を失うことは決してありません 現実 、しかし私たちは彼の存在感を失う可能性があります。神が私たちと一緒にいない時は決してありませんが、神が明らかに私たちと一緒にいない時があります。時々、彼の存在は人間の目や人間の精神にとって明確または明白ではありません。それが、私たちが視覚ではなく信仰によって生きるように求められている理由の1つです(コリント第二5:7)。神の遍在は私たちの意識なしに存在することができます。神の明白な存在はできません。神の明白な存在の要点は、私たちの神への気づきが目覚めているということです。

信者はいつも聖霊を持っています。聖書は御霊の内在を教えています:あなたの体があなたの中にあり、あなたが神から受けた聖霊の神殿であることをあなたは知りませんか? (1コリント6:19)。御霊は私たちから奪われることはありません。彼は私たちの慰め者であり、私たちの助っ人であり、イエスが戻るまで私たちのパラクレートスです(ヨハネ14:16)。その時、イエスご自身が私たちと共におられます—明白にそして永遠に。

しかし、スピリットの内在は、スピリットの明白な存在と同じではありません。すべての信者は、自分が救われたと感じない時や、自分の中にある御霊の存在に気づかずに活動をしている日を経験します。しかし、その同じ内在する霊が特別で明白な方法で信者を訪ねる時があります。それは御霊が思い浮かぶ歌かもしれません。それは友人との偶然の出会いかもしれません。それは、祈りを促すこと、みことばを研究したいという願望、または言いようのない平和の気持ちである可能性があります。御霊は、ご自身を明らかにする方法に制限はありません。重要なのは、彼がご自身を知らしめるということです。彼は私たちの慰め者です。彼によって私たちは「アバ、父」と叫びます。御霊自身が私たちの霊で私たちが神の子供であることを証します(ローマ8:15–16)。

たとえ私たちがそうでなくても、私たちは神の遍在を信頼すべきですか 感じられる 彼は私たちと一緒ですか?絶対。嘘をつかない神は、私たちを離れたり見捨てたりすることは決してないと言われます(ヘブル13:5)。私たちはまた、神の明白な存在を求めるべきでしょうか?絶対。私たちが感情に頼ったり、しるしを求めたりするのではありませんが、慰め者が彼自身を慰めることを期待しています。そして私たちは彼の慰めが必要であることを喜んで認めます。

Top