「すでにだがまだではない」の概念は何ですか?

答え



神の王国は将来のいつかまで完全に表現されることはありませんが、神の王国には信者が積極的に参加しているという神学的概念はすでに保持されていますが、まだ保持されていません。私たちはすでに王国にいますが、まだその栄光を目にしていません。すでにではあるがまだ神学は、王国神学または発足した神学に関連しています。

すでにではあるがまだではないパラダイムは、20世紀初頭にプリンストン神学者のゲルハルダスヴォスによって開発されました。 1950年代、フラー神学大学の教授であるジョージエルドンラッドは、神の国には2つの意味があると主張しました。1)神の権威と支配権、2)神が神の権威を行使する領域です。ですから、王国は聖書の中で、現在入っている領域と将来入る領域の両方として説明されています。ラッドは、神の国は現在と未来の両方であると結論付けました。



すでにではあるがまだではない神学は、現在の奇跡の神学的枠組みを提供するカリスマ派の間で人気があります。すでに、しかしまだではありませんが、ブドウ園教会によって公式に受け入れられており、彼らの教えの多くを支えています。



神の王国がすでに効力を持っているという感覚。ヘブライ2:8–9は、次のように述べています。現在、私たちはまだ彼に服従しているすべてのものを見ているわけではありません。しかし、私たちは、死の苦しみ(ESV)のために、しばらくの間、天使、すなわちイエスよりも低くされ、栄光と名誉を授けられた彼を見ます。この箇所には、今があり(イエスが栄光に満ちているのが見えます)、まだありません(すべてがキリストに服従しているわけではありません)。イエスは王ですが、彼の王国はまだこの世のものではありません(ヨハネ18:36を参照)。

また、1ヨハネ3:2で、私たちは読みました、親愛なる友人たち、今私たちは神の子供であり、私たちが何であるかはまだ知らされていません。しかし、キリストが現れるとき、私たちは彼のようになることを私たちは知っています。なぜなら、私たちは彼を彼のように見るからです。繰り返しますが、私たちには今(私たちは神の子供です)があり、まだ(私たちの将来の状態)はありません。私たちは王の子供ですが、それが何を意味するのかを正確に見るのを待たなければなりません。



これに加えて、ローマ人への手紙第8章30節は私たちが栄光を受けていると言い、エペソ人への手紙第2章6節は私たちが天の領域でキリストと共に座っていると言っています。ほとんどの場合、私たちはあまり栄光を感じず、私たちの周囲は天国の領域にあまり似ていません。それは、現在の精神的現実が将来の物理的現実とまだ一致していないためです。ある日、2つは同期します。

ですから、すでにではあるがまだではない解釈のシステムには聖書的な根拠があります。問題は、このパラダイムが繁栄の福音、それを主張する名前の教え、および他の異端を正当化するために使用されるときに起こります。これらの教えの背後にある考え方は、キリストの王国が完全に機能しており、祈りがそれを私たちの世界に突破させることができるということです。伝道は王国を前進させると考えられています。そして人々は、王国の富が今彼らに利用可能であるため、彼らが病気や貧しい人々である必要は決してないと言われています。

しかし、聖書は王国を前進させることについて決して語っていません。王国が来る(ルカ11:2)。私たちは王国を受け取らなければなりません(マルコ10:15)。そして、王国は現在この世のものではありません(ヨハネ18:36)。イエスの王国のたとえ話は、それを生地の中の酵母と成長している木として描写しています。言い換えれば、王国はゆっくりと究極の成就に向けて取り組んでいます。この世界で私たちに快適さをもたらすことは、散発的に突破することではありません。

王ご自身が1世紀のユダヤ人に王国を提供しましたが、彼らはそれを拒否しました(マタイ12:22–28)。ある日、イエスが戻って来るとき、彼は地上に彼の王国を確立し、イザヤ51:3の予言を成就します。主は確かにシオンを慰め、彼女のすべての廃墟を思いやりをもって見ます。彼は彼女の砂漠をエデンのようにし、彼女の荒れ地を主の庭のようにします。彼女には喜びと喜びがあり、感謝と歌の音が聞こえます。それまで、イエスは彼の教会を建て(マタイ16:18)、彼の名の栄光のために私たちを使っています。

Top