聖霊に対する冒涜とは何ですか?

答え



御霊に対する冒涜の概念は、マルコ3:22–30とマタイ12:22–32で言及されています。イエスは奇跡を起こしたばかりです。悪霊に取りつかれた人がイエスに連れてこられ、主は悪霊を追い出し、盲目と無言の人を癒しました。この悪魔払いの目撃者は、イエスが本当に彼らが待ち望んでいたメシアであるかどうか疑問に思い始めました。メシアの話を聞いたパリサイ人のグループは、群衆の中の新進の信仰をすぐに打ち砕きました。この仲間が悪霊を追い出すのは、悪霊の王子であるベルゼブブだけです(マタイ12:24)。




イエスは、なぜ彼がサタンの力で悪霊を追い出さないのかについて、いくつかの論理的な議論でパリサイ人に反論します(マタイ12:25–29)。それから彼は聖霊に対する冒涜について話します:私はあなたに言います、あらゆる種類の罪と誹謗中傷は許されることができます、しかし聖霊に対する冒涜は許されません。人の子に反対する言葉を話す人は誰でも許されますが、聖霊に反対する人は誰でも許されません。この時代でも、これからの時代でも(31-32節)。

用語 冒涜 一般的に反抗的な不敬と定義されるかもしれません。この用語は、神をのろったり、神に関連するものを故意に堕落させたりするような罪に適用することができます。冒涜はまた、神にいくつかの悪を帰するか、私たちが神に帰すべきいくつかの善を神に否定しています。しかし、この冒涜事件は、マタイによる福音書第12章31節で聖霊に対する冒涜と呼ばれています。パリサイ人たちは、イエスが聖霊の力で奇跡を起こされたという反駁できない証拠を目撃し、代わりに主が悪霊に取りつかれたと主張しました(マタイ12:24)。マルコによる福音書第3章30節で、イエスはパリサイ人が聖霊に対して冒涜を犯すために何をしたかについて非常に具体的であることに注意してください。



聖霊に対する冒涜は、イエス・キリストが霊に満ちているのではなく、悪霊に取りつかれていると非難することと関係があります。この特定のタイプの冒涜は、今日複製することはできません。パリサイ人たちは歴史上独特の瞬間にいました。彼らには律法と預言者がいて、聖霊が彼らの心をかき立て、神の子ご自身が彼らの目の前に立っていて、彼らは自分の目で奇跡を見ました。彼がやった。世界の歴史の中でこれまでに(そしてそれ以来)これほど多くの神聖な光が男性に与えられたことはありませんでした。イエスが誰であるかを誰かが認めるべきだったとしたら、それはパリサイ人でした。それでも彼らは反抗を選びました。彼らは、真理を知っていて証拠を持っていたとしても、故意に御霊の働きを悪魔に帰したのです。イエスは彼らの故意の盲目を許しがたいと宣言しました。聖霊に対する彼らの冒涜は、神の恵みに対する彼らの最後の拒絶でした。彼らは進路を定めておられ、神は彼らを妨げられることなく滅びに追いやろうとしておられました。



イエスは群衆に、パリサイ人の聖霊に対する冒涜は、この時代でも来るべき時代でも許されないだろうと言われました(マタイ12:32)。これは、彼らの罪が決して許されないという別の言い方です。今ではなく、永遠ではありません。マルコ3:29が述べているように、彼らは永遠の罪の罪を犯しています。

パリサイ人によるキリストの公の拒絶(そして神による彼らの拒絶)の直接の結果は、次の章で見られます。イエスは初めて、たとえ話で多くのことを彼らに語られました(マタイ13:3;マルコ4:2参照)。弟子たちはイエスの教え方の変更に戸惑い、イエスはたとえ話の使い方を説明しました。天国の秘密の知識はあなたに与えられたが、彼らには与えられなかったからです。 。 。 。見ているのに、彼らは見ていません。聞いても、聞いたり理解したりすることはありません(マタイ13:11、13)。イエスは、ユダヤ人の指導者たちがイエスを公式に非難した直接の結果として、たとえ話や比喩で真理を覆い始めました。

繰り返しになりますが、聖霊の冒涜を今日繰り返すことはできませんが、一部の人々は試みます。イエス・キリストは地上にいません—彼は神の右座に座っています。イエスが奇跡を行っているのを個人的に目撃し、その力を御霊ではなくサタンに帰することはできません。

今日の許しがたい罪は、不信仰が続く状態です。御霊は現在、救われていない罪、義、裁きの世界を有罪としています(ヨハネ16:8)。その信念に抵抗し、故意に悔い改めないままでいることは、御霊を冒涜することです。この時代でも、これからの時代でも、イエス・キリストを信頼するという御霊の促しを拒否し、不信仰で死ぬ人には許しはありません。神の愛は明白です。神はこの世をとても愛しておられたので、彼を信じる者は誰でも滅びることなく永遠の命を得ることができます(ヨハネ3:16)。そして、その選択は明らかです。息子を信じる者には永遠の命がありますが、息子を拒絶する者には命が見えません。神の怒りが彼に残っているからです(ヨハネ3:36)。

Top