人工授精に対する聖書の立場は何ですか?

答え



人工授精は、子宮内授精(IUI)とも呼ばれ、妊娠の可能性を高めるために、男性の精子を女性の子宮に正確に適切なタイミングで正確に適切な場所に移植する医療処置です。通常、女性の排卵誘発剤と組み合わせて使用​​されますが、常にそうであるとは限りません。人工授精は体外受精とは異なり、受精は女性の体内でより自然な方法で行われ、体外受精は子宮の外で行われ、受精した卵子が女性の子宮に移植されます。人工授精によって、未使用または廃棄されたエンビロが発生することはありません。人工授精は体外受精ほど成功率は高くありませんが、多くのクリスチャンはそれをはるかに受け入れられる代替手段と見なしています。

クリスチャンの夫婦は人工授精を検討する必要がありますか?聖書は常に妊娠と子供を持つことを前向きに示しています(詩篇127:3-5)。聖書はどこにも子供を産むことを求めることを思いとどまらせるものはありません。人工授精には体外受精の道徳的ジレンマがないという事実は、それを有効な代替手段にしているように思われます。したがって、人工授精によって不妊症のカップルが子供を産む可能性が高まるとすれば、それはクリスチャンの夫婦が祈りを込めて考えることができるもののように思われます。



そのような手続きはおそらく神の主権を考慮に入れていないという事実のために、すべての出産の選択肢に反対する人もいます。しかし、神は通常の性交後の妊娠を防ぐのと同じように、人工授精(さらに言えば体外受精)後の妊娠を防ぐことができます。人工授精は、神の主権を「覆す」ことはありません。神の主権を覆すものは何もありません。アブラハムとサラの説明によって証明されているように、神は生殖的に死んだ女性が妊娠して健康な赤ちゃんを産むことを可能にすることができます。神は生殖過程を完全に統治しています。女性が妊娠することが神の主権の意志である場合、彼女は妊娠します。それが神の主権の意志でなければ、夫婦がどんな方法を試みても、彼女は妊娠しません。



はい、クリスチャンの夫婦は人工授精を祈りながら考えることができます。すべてのことと同様に、人工授精を検討しているカップルは、神に知恵を求め(ヤコブ1:5)、聖霊からの導きを非常に明確にする必要があります。

Top