火による/火による/火によるバプテスマとは何ですか?

答え



バプテスマのヨハネは、ユダヤの荒野で悔い改めとバプテスマを宣べ伝え、神の子イエスの到来を告げる布告者として遣わされました(マタイ3:1-12)。彼は、悔い改めるために、私は確かにあなたに水でバプテスマを授けますが、私の後に来る彼は私よりも力があり、そのサンダルは私が運ぶ価値がありません。彼は聖霊と火であなたにバプテスマを授けます(マタイ3:11)。

イエスは死からよみがえられた後、使徒たちに…あなたがわたしから聞いた父の約束を待つように命じられました。ヨハネは本当に水でバプテスマを授けられましたが、あなたは今から数日後に聖霊でバプテスマを授けられるでしょう(使徒1:4-5)。この約束はペンテコステの日に最初に成就され(使徒2:1-4)、聖霊のバプテスマはすべての信者をキリストの体に結びつけます(1コリント12:13)。しかし、火によるバプテスマはどうですか?



火の洗礼は、聖霊が天から送られたペンテコステの日を指していると解釈する人もいます。そして突然、強風が吹くように天から音が鳴り、彼らが座っていた家全体がそれでいっぱいになりました。それから彼らには火のように異言が現れ、一人がそれぞれの上に座った(使徒2:2-3)。これらは舌であったことに注意することが重要です 火のように 、文字通りの火ではありません。



火によるバプテスマは、聖霊の働きを信者の奉仕の活力者、そして内なる悪の浄化者と呼んでいると信じている人もいます。信者への命令は、御霊の働きを抑圧することによって御霊の火を消さないことです。

第三の、そしてよりありそうな解釈は、火の洗礼は裁きを指すというものです。上記の4つの福音書のすべての箇所で、マークとジョンは聖霊のバプテスマについて語っていますが、マタイとルカだけが火によるバプテスマについて語っています。マタイとルカの直接の文脈は裁きです(マタイ3:7-12;ルカ3:7-17)。マルコとヨハネの文脈はそうではありません(マルコ1:1-8;ヨハネ1:29-34)。主イエスが神を知らない人々を裁くために燃える火の中に来ていることを私たちは知っています(2テサロニケ1:3-10;ヨハネ5:21-23;黙示録20:11-15)が、神に彼が来るすべてのものを救い、彼に信頼を置くでしょう(ヨハネ3:16)!



Top