神の安らぎとは何ですか?

答え



神の安らぎは、独立した自己存在の神の属性です。神は原因のない原因であり、創造されていない創造主です。彼はすべてのものの源であり、すべてを生み出し、存在するすべてを維持する者です。神の安らぎとは、他のすべてのものがその源、存在、そして継続を見いだす方であるということを意味します。彼はすべての生命を支える常に存在する力です。他に生命の源はなく、彼のようなものは他にありません。私は神であり、他にありません。私は神であり、私のような人は誰もいません(イザヤ46:9)。

神の安らぎは出エジプト記3章14節で表現されています。モーセが主に彼の名前について尋ねたとき、神は答えました、私は私が誰であるかです。神は永遠に存在する存在であり、常に存在し、そしてこれからも存在するでしょう。神の安らぎは、神の完全な独立に関係しています。神は必要ありません。彼は彼自身の中で完全であり、常にそうでした。神は孤独だったので、あるいは創造する必要があったので、人を創造しませんでした。彼は常に完全であり、彼自身の内で自給自足しています。



私がAMである神の名前は、神の永遠性と不変性の概念を具体化したものであり、どちらも神の安らぎに関連しています。神は永遠です(詩篇90:2)。彼には始まりがありませんでした。彼はいつもそうだった。神は不変であり(マラキ3:6;ヤコブ1:17)、昨日、今日、そして永遠に常に同じです。彼は永遠に彼であるものになります。神のすべての属性(神の愛、力、知恵など)は永遠であり、不変です。彼らはいつものようであり、これからも変わらないでしょう。



神の安らぎは、神の自律が絶対的であることを私たちに保証します。彼だけが何をすべきかを決定し、彼の約束を守るという彼の目的を妨げるものは何もありません。彼がすることを約束すること、彼はするでしょう。彼が予測したことは実現するでしょう。神が言われるとき、私の目的は成り立ち、私が望むすべてのことをします(イザヤ46:10)、神は彼の安らぎと主権を強調しています。

肉体の神であるイエス・キリストは、神の安らぎを父と分かち合います。イエスは私が自分自身の名前であると主張しました(ヨハネ8:58; 18:6)。イエスについて言えば、パウロは次のように宣言しています。彼の中ですべてのものが創造されました。すべてのものは彼を通してそして彼のために創造されました。彼はすべてのものの前にあり、彼の中ですべてのものが一緒になっています(コロサイ1:16–17)。イエスは創造された存在ではありません。彼は肉体の神として地球に来ました、そして彼の復活の後、宇宙の創造主としての彼の正当な場所を取るために天国に戻って上昇しました。旧約聖書の中で、神はイスラエル人に彼が最初で最後であると宣言されました(イザヤ44:6b)。イエスは黙示録1:17でご自身について同じ宣言をされました。



神の安らぎのために、私たちは神を信頼する人々を救い、保護し、保つことができる独立した者として神に頼ることができます。神が救いを意図された者はキリストに来ます、そして彼らを妨げるものは何もありません。父が私に与えたすべての者は私に来ます、そして私に来る人は誰でも私は決して追い払われません(ヨハネ6:37)。神の安らぎの聖書の教義を理解すれば、神は有限である、神は疲れ果てている、または神は私たちの必要を満たすには不十分であると考えるという誤りから守られます(詩篇23:1を参照)。

Top