アポカタスタシスとは何ですか、そしてそれは聖書ですか?

答え



アポカタスタシス (また アポカタスタシス )は、すべての人とすべてが最終的に救われるという信念です。元の状態に戻すことを意味するギリシャ語です。定義する別の方法 アポカタスタシス 万人救済です。支持者は、使徒行伝第3章21節の言葉の使用を指摘することによって、この立場の擁護を開始します。 アポカタスタシス ]神が彼の聖なる預言者を通してずっと前に約束されたように、すべてのものの。他のいくつかの箇所は、イエスの死と復活がすべての存在の呪いを覆し、回復を確保したことを示しているようです。聖書は本当に教えています。 アポカタスタシス

使徒3:21で、 アポカタスタシス それは すべてのもの 。彼らは救いについての彼らの理解を、聖書が「すべてのもの」と言うときはいつでも、それは時が始まって以来の創造のすべての小石を意味するという考えに基づいています。したがって、イエスが言われたとき、エリヤは来て、すべてのものを回復するでしょう(マタイ17:11)、彼は全世界が元の、落下前の状態に回復されることを意味しなければなりません(創世記1:31; 3:17–19 )。



ただし、復元するという考えは、破壊前の状態に戻すことも意味します。たとえば、都市が焼失した場合、生存者はすべてのものを火災前の状態に戻すことを選択できます。だがしかし すべての 燃やされたものは復元されます。死んだ人々はまだ死んでいます。記念品、写真、建物に使用されていた元の木材は再構成されません。ただし、都市自体は元の都市と非常によく似たものに復元される可能性があります。それは聖書の使用のより正確な説明のようです アポカタスタシス 最終的な修復に関して。



の教義 アポカタスタシス また、地獄は永遠ではないと主張します;火の湖は罰するためではなく、邪悪な者を正すためのものです。それらが修正されると、彼らはあるレベルで永遠の祝福に参加することが許され、すべてが平和と団結になります。の教義を保持する人 アポカタスタシス 悪魔と悪魔でさえ、元の作成された位置に復元されることを教えてください。彼らは、マタイ25:41や黙示録19:20のような、人々と悪魔が火の池に投げ込まれていることを語り、それらを一時的な浄化の火を意味すると解釈している箇所を指しています。この信念は、神は善であり、全能であるという理解に基づいています。したがって、彼が彼の創造物を元の状態に戻すことを望むなら、彼はそれをすることができます。良い神は、彼のイメージで創造されたすべての人間が天国で彼と永遠を過ごすことを望んでおられます(1テモテ2:4)。強力な神はそれを実現することができます(イザヤ46:10)。したがって、 アポカタスタシス 神が創造されたすべてのものが神と和解し、元の完全な状態で永遠を過ごすことを意味しなければなりません。

しかし、黙示録21:8の意味を逃れることは困難です。しかし、臆病者、不信者、下品、殺人者、性的に不道徳な者、魔法の芸術を実践する者、偶像崇拝者、すべての嘘つき者は、燃える硫黄の燃えるような湖。これは2番目の死です。彼らが地球上で死んだとき、最初の死は肉体的でした。しかし、二度目の死は、これが修復前のプレビューではないことは明らかです。そのようなことは何も暗示されていません。の支持者 アポカタスタシス 火の湖を炎で覆われた水の池として定義してみてください。これは、いくつかの教訓が得られるまで、罰して浄化することを目的としています。この理論には、聖書のどこにも見られない概念である、ある種の煉獄が組み込まれています。二度目の死についての言及は普遍的な回復をもたらし、したがって アポカタスタシス 、 無理だよ。



アポカタスタシス ニュッサのグレゴリー、アレクサンドリアのクレメンス、オリゲネスによって教えられましたが、それは聖書の純粋な研究から導き出された教義ではありません。そのような立場を維持するには、精神的な体操と、他の方法で教える多数の節をあからさまに無視する必要があります。ヨハネ3:16–18、マタイ25:41、46、および1ヨハネ5:12は、命を持っている人と非難されている人の違いを明確に定義しています。特にヨハネ3:36は、御子を信じる者は誰でも永遠のいのちを持っていることを明らかにしています。息子に従わない人は誰でも命を見ることができませんが、神の怒りは彼に残ります。普遍主義者はその言葉が 残っている は、それが解除される将来の日付まで残ることを意味します。しかし、それは人間の推測であり、テキストの忠実な解釈ではありません。 残ります それが言うことを意味します。不従順が残っているところに神の怒りが残っています(ローマ1:18; 2:5;コロサイ3:6;エペソ5:6)。ヘブライ人への手紙第9章27節によると、死後二度とチャンスはありません。

の最大の問題 アポカタスタシス 悔い改めない罪に対する神の義の罰は厳しすぎるという仮定です。私たちが自分の感性に合うように神の言葉をひねるとき、私たちは神の裁判官としての地位を確立しました。私たちは本質的に、神よりも思いやりがあると宣言しました。永遠の罰の教義は邪魔になるかもしれませんが、聖書は、キリストに従うという決定は死ぬ前に行われなければならず、その決定が人の永遠を決定することを明確にしています(マタイ16:27;黙示録22:12)。

の教義なら アポカタスタシス もしそうなら、イエスがメシアとしての神を示すためにそれほど多くの時間を費やす必要はなかったでしょう。結局のところ、後で全員がそれを理解するのであれば、なぜ人々が彼について何を信じているかが重要だったのでしょうか。今日の信仰は不要でしょう。使徒たちは福音を宣べ伝えるためにすべてをあきらめる必要はありませんでした、宣教師は彼らの命を無駄にしています、そして殉教者は無駄に死にました。とにかく誰もが同じ場所にたどり着くなら、私に従うようにというイエスの絶え間ない呼びかけ(ルカ9:23;マタイ8:22)はばかげています。私たちがこれと天国もすべて持つことができるのなら、なぜ今私たちの生活をあきらめるのですか(マルコ8:34–36)。地獄が一時的なものであるならば、多くの人々は今自分自身を甘やかすために喜んでそれを選ぶでしょう。彼らの心は神や神の命令には何の役にも立ちません。彼らは主として彼に礼拝したりお辞儀をしたりすることを望んでいませんが、 アポカタスタシス しばらくの間罰せられた後、邪悪な者がやってくると教えています。その考えは、金持ちとラザロの物語の中で、楽園と地獄の間に大きな裂け目が設定されているというイエスの言葉を軽視しているので、ここからあなたに行きたい人は、そこから渡ることはできません。私たちに(ルカ16:26)。

イエスの最後の指示は、全世界に行き、すべての被造物に福音を宣べ伝えることでした。信じてバプテスマを受けた人は救われますが、信じない人は非難されます(マルコ16:15–16)。これらの言葉は、最終的には誰もが救われることを知っている神の言葉のようには聞こえません。 アポカタスタシス 普遍主義者によって定義されているように、正確な聖書解釈ではなく、異端として拒絶されるべきです。

Top