無関心とは何ですか?

答え



無関心 神と精神的な問題の特定の見方を説明する、やや現代的な言葉です。関係する主要な概念は無関心です:無関心であるか、何かについてほとんど心配していない状態。無関心を示す無関心者は、神や宗教などのトピックは無関係、無意味、または無関心であると考えています。用語 無関心 は、実際の一連の信念よりも態度を指しますが、非常に多くの人々が神についてどのように考えているか、または考えていないかを要約すると役立つ場合があります。

一部の人々は、宗教と精神性について明確で強く保持された意見を持っています。単一の活発な神への信仰は有神論と呼ばれます。単一の、関与していない神の考えは、理神論と呼ばれます。人が前向きに述べるとき、それは無神論の表現である神は存在しません。人が言うとき、私が神を信じているかどうかはわかりません、それは不可知論です。そして、人がどうにか気にしないとき、それは無関心です。神についてめったに考えない人や霊的な事柄に興味がない人は、無関心者と言えます。



無神論や不可知論とは異なり、無神論は神の性質や神の存在についての特定の主張を説明していません。無関心は興味の欠如を反映しているので、そのラベルを自分自身に適用する人はほとんどいません。神と宗教は無関係であると積極的に考えるほとんどの人は、無神論者または不可知論者として自分自身をラベル付けします。そうは言っても、無関心は現代文化で最も一般的な態度の1つであると言っても過言ではありません。



宗教的な見方ではなく態度として、無関心はある信仰に属していると主張する人々にさえ現れることがあります。たとえば、私はカトリックですが、10年間ミサに出席しておらず、告白に行かず、めったに祈らないと言う人は、他の何よりも無関心です。私はクリスチャンですが、その人生は聖書の基準と完全に一致しておらず、日常生活の中で神について何も考えていない人にも同じことが言えます。そのような人は、自分が神を気にかけていると言うかもしれませんし、そう思うかもしれません。しかし、実際には、彼らは興味の欠如を示しています。彼らは神についてあまり考えません彼らは、神の考えに対する無関心を示しています。それは、 無関心

正直なところ、西洋文化のほとんどの人々は無関心者として説明することができます。時代が厳しいとき、またはトピックについて話し合うように迫られたとき、彼らは神へのある種の信念を表現します。その信念は想像上のものではありません。実際、そのような人々は神についてある種の意見を持っています。しかし、実際には、そして日常生活において、神も霊性もしばしば彼らの思考に入りません。ほとんどの人は積極的に神に反対したり、自信を持って神を拒絶したりしていません。彼らは単にその考えに無感覚です。



キリスト教の信仰に関与しているように見える人々でさえ、実際には無関心である可能性があります。ほとんどの西方キリスト教徒の信念体系は道徳的治療的神教であると言われています。これは本質的に無関心のキリスト教風味のバージョンです。

聖書は信者に無関心の罠に陥らないように警告しています。たとえば、ヘブライ2:1は、真理から逸脱しないように注意を払うように信者に命じています。ヘブライ人への手紙第5章11-14節では、より厳しい警告が出されています。そこでは、信仰に怠惰な人々が無関心であると呼ばれています。私たちが真実や神に無関心であるとき、私たちは間違いを犯し、嘘をつく傾向があります。信仰は、ある意味で筋肉に似ています。強いままでいるために使用する必要があります。筋肉が未使用のままになると、収縮します。これは萎縮と呼ばれるプロセスです。信仰が無視されると、無関心によって弱まります。

無関心は公式の世界観ではありませんが、重要な概念です。多くの信仰を主張する多くの人々は、実際には神とキリスト教の信仰について無関心で無知です。これを知ることは、伝道において私たちを大いに助けることができます。神と救いは、現代の西洋文化のほとんどの人には起こらない考えです。多くの場合、信仰のラベルを付ける人でさえ、自分の信仰の教義について意味のある方法で考えたり、行動したり、研究したりすることはありません。無知の主な症状は無知であり、それは愛情を込めて真理を説明し、他の人に福音に答える機会を与えることによって挑戦することができます。

Top