天使学とは何ですか?

答え



天使学は天使の研究です。今日、天使の聖書にない見方はたくさんあります。天使は死んだ人間だと信じている人もいます。他の人は、天使は非人称的な力の源であると信じています。さらに、天使の存在を完全に否定する人もいます。聖書の天使学の理解は、これらの誤った信念を正すでしょう。天使学は、聖書が天使について何と言っているかを教えてくれます。それは、天使が人類とどのように関係し、神の目的に役立つかについての研究です。ここに天使学におけるいくつかの重要な問題があります:

聖書は天使について何と言っていますか?天使は人間とはまったく異なる順序です。人間は死んだ後も天使にはなりません。天使は決して人間になることはなく、人間になることもありませんでした。神は人類を創造されたように、天使を創造されました。



天使は男性ですか、それとも女性ですか?聖書は必ずしも天使が男性か女性かという性別を支持しているわけではありません。聖書で天使に性別が割り当てられているときはいつでも、それは男性であり(創世記19:10,12;黙示録7:2; 8:3; 10:7)、天使に割り当てられている名前は、一般に男性と見なされているマイケルとガブリエルだけです。名前。



守護天使はいますか?良い天使が信者を守り、情報を明らかにし、人々を導き、そして一般的に神の子供たちに奉仕するのを助けることは間違いありません。難しい質問は、各人または各信者に天使が割り当てられているかどうかです。

誰/主の天使は何ですか?主の天使の正確な身元は聖書に示されていません。しかし、彼のアイデンティティに関しては多くの重要な「手がかり」があります。



ケルビムとは何ですか?ケルビムは天使ですか?ケルビム/ケルビムは、神の崇拝と賛美に関与する天使のような存在です。神の賛美を歌うことに加えて、それらは神の威厳と栄光、そして神の民との神の不変の存在を目に見える形で思い出させる役割も果たします。

セラフィムとは何ですか?熾天使は天使ですか?イザヤの第6章は、セラフィムについて具体的に言及している聖書の唯一の場所です。セラフィム(「燃えるような、燃えるもの」)は、神殿での預言者イザヤの神のビジョンに関連する天使のような存在です。

天使学は私たちに天使に対する神の見方を与えてくれます。天使は神を崇拝し、従う個人的な存在です。神は時々、人類の過程で「干渉」するために天使を送ります。天使学は、神の天使とサタンと彼の悪魔との間に存在する戦争を認識するのに役立ちます。天使学を正しく理解することは非常に重要です。私たちがそうであるように、天使が創造された存在であることを理解するとき、私たちは天使を崇拝したり祈ったりすることで、神だけに属する栄光を神から奪うことに気づきます。私たちのために死ぬために御子を遣わし、私たちを愛し、世話をし、私たちの崇拝に値するのは、天使ではなく神でした。

天使学の重要な聖句はヘブライ人への手紙第1章14節です。

Top