無千年王国説とは何ですか?

答え



省として、ウェブサイトは無千年王国説を拒否していることに注意してください。私たちは、キリストが彼の王国を確立するために戻って、その上で彼が1、000年間統治するという前千年王国説を真にそして完全に信じています。しかし、私たちは無千年王国説がクリスチャンが持つことができる有効な視点であると信じています。無千年王国説は決して異端ではなく、無千年王国説はキリストの兄弟姉妹ではないとして敬遠されるべきではありません。私たちは、無千年王国説を積極的に提示する記事を用意する価値があると考えました。なぜなら、私たちの視点に異議を唱えることは常に良いことであり、私たちの信念が聖書的に正しいことを確認するために聖書をさらに検索する動機を与えるからです。

無千年王国説は、キリストの1、000年の治世に関する終わりの時の4つの見方の1つです。 4つの見解はそれぞれ、黙示録20で言及されている1、000年の治世の配置またはタイミングが異なります。



無千年王国説は、歴史の物理的な理解とは対照的に、1、000年を精神的で非文字的なものと見なしています。プレフィックスは に- 通常、単語の否定を意味します。amilの位置では、ミレニアムが実現されたと見なされるか、現在はミレニアムとしてより適切に説明されます。簡単に言うと、無千年王国説は、キリストの再臨を王国の発足と見なし、キリストの再臨を王国の完成と見なしています。したがって、ジョンの1、000年の言及は、教会時代に起こるであろうすべてのことを指し示しています。



アミールの立場は、黙示録を多くのカメラアングルのアプローチを持っていると見なしています。たとえば、第19章はキリストが戻って敵を破壊することで終わり、第20章では、敵が再び彼を攻撃するようになるという点で理解が困難になっています(すでに破壊されている場合、これらの敵は何ですか?)。ただし、第20章を時代の終わりの別の角度として見ると、1、000年の治世は必ずしも物理的/地球的な歴史ではなく、象徴的です。それは精神的な領域について語っています。ジョンは彼が見たもののリプレイを与えています。

聖書はその数を使っています 1,000 広大さ、量の充満、または多数を意味する一般的な用語として何度も(例えば、詩篇84:10;ヨブ9:3;歴代誌上16:15)。の繰り返しの象徴的な使用で 1,000 、特に黙示録のように非常に象徴的な本では、黙示録でのその使用を文字通りに見ることは困難です。



無千年王国説に反対する多くの議論がありますが、それらは聖書の釈義を通して反駁することができます。注意深い解釈学(解釈の原理の研究)は、amilの立場が正当性を持っていることを証明します。私たちの主ご自身の言葉に基づいて、その立場に反論しようとしていた聖書のほとんどの箇所は、実際にそれをより実行可能にします。私が律法や預言者を廃止するようになったとは思わないでください。私は彼らを廃止するためではなく、彼らを成就するために来ました(マタイ5:17)。私たちの救い主の言葉に照らして、ダニエル7章やエレミヤ23章のような預言的な箇所は、特にすべての預言者が最初に来るメシアについて話しているので、キリスト・イエスと彼の最初の到来で成就したと理解されるべきです。

イエスは、例えば、キリストの王国が設立される前にキリストの足がオリーブ山に触れるという予言を含む、彼に関するすべての予言を成就しました(ゼカリヤ14)。これは、イエスがオリーブ山の説教として知られていることを教えるためにオリーブ山に行ったとき、マタイ24で明らかに成就しました。

無千年王国説では、今、1、000年が起こっています。この世界でのキリストの働き—彼の生、死、復活、昇天—は、福音のメッセージがイスラエルを去り、地球の果てまで出て行くことができるように、サタンの働きを大いに妨げました。サタンが縛られている黙示録20で語られている1、000年は比喩的であり、霊的な意味で成就されています。サタンは彼が彼のすべての計画を実行することを制限されているという点で拘束されています。彼はまだ悪を行うことができますが、最後の戦いまで国を欺くことはできません。 1000年が経過すると、サタンはキリストの再臨の前に少しの間彼の欺瞞を実践するために解放されます。

2ペトロ3と1テサロニケ4の主の日の記述とともに、オリーブ山の説教を研究すると、私たちの主の帰還が迅速に、目に見えて、トランペットの音とともにやってくることがわかります。言い換えれば、その時に生きているすべての人は、私たちの主の帰還を経験し、そして終わりを迎えます。これらのテキストには、文字通り1、000年の地上の治世についての言及はありません。むしろ、キリストの帰還は聞かれ、見られ、そして実現されます。実際、使徒ペテロは、主の日に、天と地が燃え尽き、新しい天と地が創造されると言っています。これは、文字通り1、000年続くと思われる物理的および地上の王国のための余地を残しません。

無千年王国説は、前千年王国説とともに、1世紀以来開催されている教会史上最も古いものの1つです。 5世紀に、アウグスティヌスは終末論の彼の理解として無千年王国説に落ち着きました。さらに、無千年王国説は、16世紀のほとんどの改革派の主要な見解でした。

Top