主の受け入れられる年は何年ですか?

答え



主の受け入れられる年(イザヤ61:2、NKJV)、または主の有利な年(NASB)または主の恵みの年(NIV)は、文字通りの年ではなく、むしろ時間の空間です。神の恵み、贖い、そして解放によって特徴付けられます。イザヤでは、主の受け入れられる年とは、バビロン捕囚からの神の民の回復を指します。これは、おそらくそれを、全土で自由が宣言されたヨベルの年に例えることを目的としています(レビ記25章を参照)。

主の受け入れられる年について言及しているイザヤの一節は次のとおりです。


主なる神の霊がわたしの上にあります、
主がわたしに油を注がれたからです
貧しい人々に良い知らせを伝えること。


彼は心の傷ついた人を癒すためにわたしを遣わした。
捕虜に自由を宣言するために、
そして、拘束されている人々への刑務所の開放。


主の受け入れられる年を宣言するために、
そして、私たちの神の復讐の日。
喪に服しているすべての人を慰めるために、
シオンで悼む人々を慰めるために、
彼らに灰の美しさを与えるために、
喪に服する喜びの油、
重さの精神を称賛する衣服。
彼らが義の木と呼ばれるように、
主が栄光を受けるための主の植え付け(イザヤ61:1–3、NKJV)。
この祝福された宣言の後には、バビロンが荒廃させた後、ユダヤ人が荒廃した都市を再建するという約束が続きます(4節)。

主の受け入れられる年は、私たちの神の復讐の日でもあることに注意してください(イザヤ61:2)。ファラオ、セナケリブ、シセラ、および他の多くの人々が証明できるように、神の民の救出には常に神の敵に対する裁きが伴います。

主の受け入れられる年は、イザヤ49:8でも言及されています。父なる神がメシアに語られるように、そのしもべはこう言われます。あなたを助けました。私はあなたを守り、人々への契約としてあなたに与えます。地球を回復し、彼らに荒れ果てた遺産を継承させるために」(NKJV)。ここで、メシアの到来は、彼がもたらす救いと自由のために、恵みの時(ESV)または好意の時(NASB)と呼ばれています(9節)。確かに、天使たちがイエスの誕生を告げたとき、彼らはすべての人々に大きな喜びをもたらす良いたよりと神の恵みについて話しました。

イエスが生まれ故郷のナザレの会堂で最初に話されたとき、彼はイザヤ書を手渡されました。そして彼がその本を開いたとき、彼はそれが書かれた場所を見つけました。
彼がわたしに油を注いだからです
貧しい人々に福音を宣べ伝えること。
彼は心の傷ついた人を癒すためにわたしを遣わした。
捕虜に自由を宣言する
そして、視覚障害者への視力の回復、
抑圧されている人々を自由にすること。
主の受け入れられる年を宣言すること。」
それから彼はその本を閉じて、それを係員に返し、座った。そして会堂にいたすべての人の目は彼に向けられました(ルカ4:17–20、NKJV)。

イザヤ61を読んだ後、イエスは驚くべき声明を出されました。今日、この聖句はあなたの聴聞会で成就されます(ルカ2:21)。主の御霊によって油を注がれたイエスは(ルカ3:21–22を参照)、福音を宣べ伝え、心の傷ついた人を癒し、自由を宣言し、盲人を癒し、抑圧された人を解放し、主の受け入れられる年を宣言する人です。 。要するに、イエスはご自身が待望のイスラエルのメシアであると宣言されました。

イエス・キリストの再臨は、主の受け入れられる年の到来を告げました。神の恵み、贖い、そして救いの時が近づいており、すべての人が悔い改めてキリストに来て、信仰によって永遠のいのちの賜物を受け取るように招かれています。これは完全に受け入れられるに値する信頼できることわざです。キリスト・イエスは罪人を救うためにこの世に来られました(テモテ第一1:15)。主が見つかるかもしれない間、私たちは主を求めなければなりません。彼が近くにいる間に彼を呼びなさい(イザヤ55:6)。私たちは主の受け入れられる年である恵みの時代に生きていますが、主を拒否する人は復讐の日を知っています。信じない人は、神の唯一の息子(ヨハネ)の名を信じていないので、すでに非難されています。 3:18)。

Top