人がまくものを刈り取るとはどういう意味ですか(ガラテヤ6:7)。

答え



ガラテヤ6章の最初の数節で、パウロは個人が自分の行動に責任があり、他の人が失敗したときは穏やかでなければならないと強調しています(ガラテヤ6:1)。優しさは愛の表現であり、キリストの律法の成就であることに加えて(ガラテヤ6:2)、他の人への穏やかな反応は、私たちが超批判的であることを避けるのを助けることができるので、私たちがトラブルから身を守ることができる1つの方法です。聖句が読者に他の人への思いやりを勧めているとしても、人が蒔くものは何でも刈り取るという真実は残っています(ガラテヤ6:7)。ですから、私たちはお互いの重荷を負わなければなりませんが(ガラテヤ6:2)、それでも私たちは自分の荷物を運ぶ責任があります(ガラテヤ6:5)。

ガラテヤ6:7で、パウロは読者に、人が蒔くものは何でも、彼も刈り取るであろうことを思い出させます(NKJV)。神は正義の神であり、人間の経験を通して、種蒔きと刈り取りの概念を制定してきました。農家が種を蒔き、それらの種を世話するとき、それらは通常発芽して成長を生み出します。同じように、人が自分の考えや行動で植えたものは何でも、後で実を結ぶでしょう-良いか悪いか。人が肉の欲望を満たすことに集中していて、それが彼が投資しているものである場合、その人はその投資の成果を得るでしょう。パウロはこの実をガラテヤ5:19–21で説明していますが、そのリストはきれいではありません。一方、霊的なことに投資すれば、彼の人生の実は霊的で健康的なものになります(ガラテヤ6:8)。パウロは、聖霊が人々にどのように実を結ぶか、そしてそれがどのように見えるかを説明しています(ガラテヤ5:22–23)。



パウロは、人が蒔くものを、彼もまた厳粛な警告で刈り取るという真理を紹介します。だまされてはいけません。神をあざけることはできません(ガラテヤ6:7)。賢明な読者は自分たちの生活に注意を払い、この原則に従って生きることを確実にするための措置を講じます。自分が規則の例外であるという考えを誰も楽しまないでください。刈り取りは播種に続き、何を播種するかが重要です。神は心を探り、あらゆる状況を知っておられます。そして、収穫が植栽と一致するという神の命令は脇に置かれません。



他の場所では、パウロはさらに、人が蒔くものは何でも刈り取るという概念を説明しています。コリント人への第一の手紙第3章8節で、彼は各人が自分の働きに応じて報われると主張しています。神が成長を引き起こすので、植える人も水をやる人も方程式の最も重要な要素ではありません(1コリント3:7–8)。ですから、私たちがよく植えて水をやり、キリストの新しい生活に関連することに焦点を合わせているときでさえ、成長を引き起こすのは神です。そして、神は働く人に報いるとしても、働く機会でさえ神からの贈り物であることを私たちは理解しています。言い換えれば、人が蒔くものは何でも刈り取るという原則は、神の正義と慈悲の両方を教えています。

蒔いたものを刈り取るという原則を救いの問題に適用することができます。私たちがイエス・キリストを救い主として知らない場合でも、私たちは罪の中で死んでいるか、神との正しい関係を持つことから切り離されています(エペソ2:1–5を参照)。私たちがその状態にあるなら、私たちの義の行いでさえ、神の義の基準と比較して、汚れたぼろきれのようです(イザヤ64:6)。もし私たちがその状態にあるなら、人が蒔いても刈り取るという真理(ガラテヤ6:7)は、私たちが罪と死に従って蒔いているので、実際には恐ろしいことです。一方、神の憐れみによって、神が信仰による恵みによって私たちをキリストと共に生きさせてくださった場合(エペソ2:8–10)、私たちは人生の新しさに応じて種を蒔く機会があります。彼の恵みのおかげで、私たちは今、永遠の価値を持つものに投資し、永遠の価値もある実を見ることができます。人が蒔いたものが何であれ、彼も刈り取るという事実は、正義だけでなく、神の壮大な憐れみについてでもあります。神は私たちにふさわしいものを私たちに与えてくれませんでした。神の驚くべき恵みの中で、神は私たちにふさわしくないもの、つまり私たちの生活の中で神の義の実を見ることができるように義の種を蒔く機会を与えてくださいました。



Top