小さな子供がイザヤ11:6で彼らを導くとはどういう意味ですか。

答え



イザヤ11は、イスラエルの回復をテーマとしており、メシア、彼が設立する正しい王国、そしてそこに住む残党についての説明が含まれています。メシアについて説明した後(1-5節)、イザヤは彼が設定する王国の理想的な条件について詳しく説明し始めます。オオカミは子羊と一緒に住み、ヒョウは若いヤギと子牛と一緒に横になります。ライオンと肥育した子牛を一緒に。そして小さな子供が彼らを導きます(イザヤ11:6、ESV)。

メシアの将来の領域のユートピア的な環境では、動物界のすべての危険はなくなります。イザヤは各動物をその自然の獲物と結びつけます。子羊はオオカミの脅威から安全であり、ヤギはヒョウによって無傷であり、肥育した子牛はライオンの脅威を恐れません。平和の王子の完全な支配下で、世界の状態は非常に飼いならされ、最も凶暴な野獣でさえ小さな子供の指導に服従するでしょう。



動物に対する人間の優位性は、メシアの千年王国でも継続しますが、増幅されます。通常は野獣に捕食される小さな子供でさえ、これらの略奪的な生き物から安全であるだけでなく、それらを支配するでしょう。捕食者と獲物の間のこの穏やかな関係は、平和の王子の下での生活の状態を描写するために予言聖書でしばしば使用されます: 'オオカミと子羊は一緒に餌をやり、ライオンは牛のようにわらを食べ、ほこりは蛇の食べ物。彼らは私の聖なる山すべてを傷つけたり破壊したりすることはありません」と主は言われます(イザヤ65:25)。



エゼキエルは、回復された創造物の調和と安全を同様の言葉で説明しています。私は彼らと平和の契約を結び、野蛮な獣の土地を取り除き、彼らが荒野に住み、森で安全に眠れるようにします(エゼキエル34:25 ;ホセア2:18も参照)。使徒パウロはこの将来の期待を反映しているようです。創造物は神の子供たちが明らかにされることを熱心に期待して待っています。なぜなら、創造物自体がその束縛から解放されて崩壊し、神。私たちは、現在に至るまで、出産の苦痛のように、創造物全体がうめき声を上げていることを知っています(ローマ8:19–22)。回復された王国では、呪いが解かれるので、すべての創造物は平和になります。

イザヤが言ったとき、小さな子供が彼らを導くでしょう、彼は小さな男の子や女の子でさえ、彼らがひもにつないでいる犬やリードに乗っている馬のように、飼いならされた動物であるかのように元の捕食者を導き、一緒に捕食するのに安全であることを意味しました。メシアの回復された王国の下では、野生動物の王国でさえ、平和と安全がすべての創造物を支配し、その静けさを邪魔したり脅したりすることはできません。



Top