イエスがアルファでありオメガであるとはどういう意味ですか?

答え



イエスは黙示録1:8で自分がアルファとオメガであると宣言しました。 21:6;と22:13。アルファとオメガはギリシャ文字の最初と最後の文字です。ユダヤ人のラビの間では、ヘブライ語のアルファベットの最初と最後の文字を使用して、最初から最後まですべてを表すのが一般的でした。すべてのものの始まりと終わりとしてのイエスは、まことの神以外の誰にも言及していません。この永遠の声明は神にのみ当てはまります。それは特に黙示録22:13に見られます。そこでは、イエスは彼がアルファでありオメガであり、最初と最後、始まりと終わりであると宣言されています。

イエスがアルファとオメガであることの意味の1つは、彼がすべてのことの始まりにあり、終わりにいるということです。それは、彼が常に存在し、常に存在すると言うことと同じです。創造をもたらしたのは、三位一体の二番目の人としてのキリストでした。彼を通してすべてのものが作られました。彼がいなければ、作られたものは何も作られませんでした(ヨハネ1:3)、そして私たちが知っているように、彼の再臨は創造の終わりの始まりになります(ペテロ第二3:10)。神が受肉するとき、彼には始まりがなく、永遠から永遠へと、時間に関して終わりもありません。



アルファとオメガとしてのイエスの第二の意味は、その句が彼を旧約聖書の神として識別するということです。イザヤは、イエスの性質のこの側面を、いくつかの場所で三位一体の神の一部として帰しています。主である私が最初であり、最後に私は彼です(41:4)。私が最初で、私が最後です。そして私のそばには神はいない(イザヤ44:6)。私は彼です。私は最初であり、最後でもあります(イザヤ48:12)。これらは、神の頭の永遠の性質を明確に示しています。



アルファとオメガとしてのキリストは、多くの点で最初で最後です。彼は私たちの信仰の著者であり完成者であり(ヘブライ12:2)、彼がそれを始め、それを最後までやり遂げることを意味しています。彼は、律法と福音の両方の聖書の全体、総和、実体です(ヨハネ1:1、14)。彼は律法の成就であり(マタイ5:17)、働きではなく、信仰による恵みの福音の最初の主題です(エペソ2:8-9)。彼は創世記の最初の詩と黙示録の最後の詩に見られます。彼は、神の前での義認から神の民の最後の聖化まで、すべての救いの最初で最後です。

イエスはアルファとオメガであり、最初と最後、始まりと終わりです。神の化身だけがそのような声明を出すことができました。イエス・キリストだけが神の化身です。



Top