イエスが律法を成就したが、それを廃止しなかったとはどういう意味ですか?

答え



イエスは言われた、「わたしが律法や預言者を廃止するために来たとは思わないでください。私はそれらを廃止するためではなく、それらを実現するために来ました。本当に私はあなたに言います、天と地が消えるまで、最小の文字ではなく、ペンの最小のストロークではなく、すべてが完了するまで、決して法から消えます(マタイ5:17–18)。私たちの主のこの重要な声明は、私たちに主の使命と神の言葉の性格についての洞察を与えてくれます。




律法と預言者を廃止するのではなく、成就するために来られたというイエスの宣言には、明らかに2つの声明が1つに含まれています。イエス様が何かあります やりました そして彼がしたこと いいえ 行う。同時に、イエスは神の言葉の永遠の性質を強調しました。

イエスは、神の律法の権威を促進するために自分の道を踏み外します。パリサイ人が彼を非難したことに関係なく、彼は律法を廃止するようにはなりませんでした。実際、イエスは律法を正確に教え、それを畏敬の念を抱く人々への表彰をもって彼の声明を続けています。これらの命令を実践し教える者は誰でも、天国で偉大と呼ばれるでしょう(マタイ5:19)。



イエスが神の言葉に帰する特質に注意してください。これは律法と預言者と呼ばれています。1)言葉は永遠です。それは自然界より長持ちします。 2)みことばは意図的に書かれました。それは成就することを意図していた。 3)みことばは全体的な権威を持っています。その最小の文字でさえ確立されます。 4)みことばは忠実で信頼できるものです。それが言うことはすべて達成されるでしょう。山上の説教でイエスの言葉を聞いた人は誰も、聖書に対するイエスの献身を疑うことはできませんでした。



イエスがしたことを考えてください いいえ 彼のミニストリーで行います。マタイ5:17で、イエスは律法と預言者を廃止するために来られたのではないと言われています。言い換えれば、イエスの目的は、みことばを廃止したり、解散したり、無効にしたりすることではありませんでした。預言者は成就します。律法はそれが与えられた目的を達成し続けます(イザヤ55:10–11を参照)。

次に、イエスが何を考えますか やりました 行う。イエスは、律法と預言者を成就するために来られたと言われます。言い換えれば、イエスの目的は、みことばを確立し、それを具体化し、書かれたすべてのことを完全に成し遂げることでした。キリストは律法の集大成です(ローマ10:4)。メシアに関する預言者の予言は、イエスによって実現されるでしょう。律法の聖なる基準はキリストによって完全に支持され、厳格な要件は個人的に守られ、儀式の遵守は最終的に完全に満たされます。

イエス・キリストは、彼が最初に一人で来たときに、彼自身に関する何百もの預言を成就したという点で預言者を成就しました(例えば、マタイ1:22; 13:35;ヨハネ19:36;ルカ24:44)。イエス・キリストは少なくとも二つの方法で律法を成就しました:教師としてそして実行者として。彼は人々に律法に従うように教え(マタイ22:35–40;マルコ1:44)、そして律法ご自身に従いました(ヨハネ8:46;ペテロ第一2:22)。完璧な生活を送ることで、イエスは道徳的な法則を満たしました。イエスは犠牲の死において、儀式の律法を成就しました。キリストは古い宗教制度を破壊するのではなく、それを基に構築するために来られました。彼は古い契約を終えて新しい契約を結ぶようになりました。

イエスは律法と預言者を滅ぼすのではなく、彼らを成就するために来られました。実際、旧約の儀式、犠牲、その他の要素は、現実そのものではなく、来ている良いものの影にすぎませんでした(ヘブライ10:1)。幕屋と神殿は手で作られた聖なる場所でしたが、恒久的なものではありませんでした。それらは本物のコピーにすぎませんでした(ヘブライ9:24、ESV)。法律には有効期限が組み込まれており、新しい注文の時まで適用される外部の規制で満たされていました(ヘブライ9:10)。

律法と預言者の成就において、イエスは私たちの永遠の救いを得ました。祭司は犠牲をささげて聖所に入る必要はもうありませんでした(ヘブライ10:8–14)。イエスは私たちのために、そしてすべてのためにそれをしてくださいました。信仰による恵みによって、私たちは神と共に正しくされます。神は私たちのすべての罪を赦し、私たちに立ち向かい、私たちを非難した私たちの法的債務の告発を取り消しました。彼はそれを取り去り、十字架に釘付けにしました(コロサイ2:14)。

イエスが律法を廃止しなかったので、律法はまだ有効であり、新約聖書のクリスチャンを拘束していると主張する人もいます。しかし、パウロはキリストを信じる者がもはや律法の下にないことを明らかにしています。私たちは律法の下で拘留され、信仰が明らかになるまで閉じ込められました。ですから、私たちが信仰によって義とされるために、律法は私たちをキリストに導くための私たちの守護者になりました。信仰が到来した今、私たちはもはや後見人の下にいません(ガラテヤ3:23–25、BSB)。私たちはモーセの律法の下ではなく、キリストの律法の下にあります(ガラテヤ6:2を参照)。

法律が今日も私たちを拘束しているのであれば、それはまだその目的を達成しておらず、まだ達成されていません。法制度としての法が今日も私たちを拘束しているのなら、イエスはそれを成就すると主張するのは間違っていて、十字架での彼の犠牲は救うには不十分でした。神に感謝します。イエスは律法全体を成就し、今では私たちに彼の義を無料の贈り物として与えてくださいます。人は律法の働きによって義とされるのではなく、イエス・キリストへの信仰によって義とされることを知ってください。ですから、私たちもまた、律法の働きによって誰も義とされないので、律法の働きによってではなく、キリストへの信仰によって義とされることができるように、キリスト・イエスを信じています(ガラテヤ2:16)。

Top