一度死ぬことが人に任命されるとはどういう意味ですか(ヘブル9:27)。

答え



ヘブライ人への手紙第9章27節によると、一度死ぬのは人に任命されていますが、その後、裁き(KJV)が行われます。ヘブライ人への手紙は、イエスの優越性と私たちがイエスに注意を払わなければならない責任に焦点を当てています。ヘブライ人9は、新しく永遠に続く契約の仲介者としてのイエスの役割におけるイエスの優位性を強調しています。文脈の終わり近くで、ヘブライ人の作家は、一度死ぬことは男性に任命されていると述べています(ヘブライ人への手紙9:27)。これを言うことで著者が意味することは、イエスが私たちの信頼と愛に優れ、ふさわしい別の方法を理解するのに役立ちます。

最初にこの文脈で、筆者は最初の契約であるモザイク契約(出エジプト記19:5–6)には独自の礼拝規則があったと説明しています(ヘブライ9:1–2)。彼は特に幕屋とその備品を引用しています(ヘブライ9:2–5)。幕屋が建設されて機能するようになると、祭司は定期的に幕屋の外側に立ち入り、犠牲をささげました(ヘブライ9:6)。しかし、もっとまれに、大祭司が無知で犯された罪のために犠牲を払うために入るでしょう(ヘブライ9:7)。作家は、幕屋とそこでの礼拝の規則(継続的な犠牲を含む)は、これらの事柄が罪の問題を完全に解決しなかったことを示していると説明しています。むしろ、彼らはそうする人を楽しみにしていました(ヘブライ9:8–10)。これはいくつかの理由で重要です。1つは、一度死ぬために男性に任命されることです(ヘブライ9:27)。



祭司たちが人間の手で作られた物理的な幕屋に入り、何度も犠牲をささげなければならなかったのに対し、イエスは人間の手で作られていない聖所に入り、罪を解決し、永遠の贖いを与えるために、完全な犠牲を捧げました。 12)。このようにして、イエスは罪と死の問題、つまり人々がかつて死ぬ運命にあった問題を解決しました。モザイク契約の犠牲は多く、一時的なものでした。彼らは罪を取り除くことができませんでした。彼らは、その罪を一度だけ対処する必要があることを指摘することしかできませんでした。イエスは完全ないけにえとして、私たちを罪から清め、死から解放することができました(ヘブル9:13–14)。



彼がこれをしたとき、イエスはまた新しい契約の仲介者になりました(エレミヤ31章で予測されました)。その契約は、イスラエルとユダにとって(エレミヤ31:31)、人々が許しを持ち、神の民となることを規定するでしょう(エレミヤ31:34)。新しい契約は、イスラエルとユダの人々の罪と死を解決する神の方法となるでしょう。イエスの犠牲は、イエスを信頼するすべての人に永遠の贖いを与えるだけでなく、将来のある日、イスラエルとユダのために新しい契約が履行される手段を提供しました。一度死ぬために人に任命された。古い契約はイスラエルの人々に義を与えませんでした。それはキリストにおける贖いの必要性を示しただけでした(ガラテヤ3:24)。したがって、新しい契約は古い契約よりも優れており、新しい契約の仲介者としてのイエスはモーセよりも優れています(ヘブル9:15–22; 3:1–6)。

イエスの犠牲は、祭司たちがもたらした頻繁に繰り返される犠牲とは異なり、かつてはすべてのものでした。そして、彼の犠牲は、父への受け入れられる犠牲として効果的でした。彼自身の犠牲によって、彼は罪を片付け(ヘブライ9:26)、こうして罪から生じる死の問題を解決しました。一度死ぬことは人に任命され、その後、裁かれます(ヘブル人への手紙第9章27節)。イエスの完全な犠牲のおかげで、私たちは新しい人生で育てられるので、もはや死を恐れる必要はありません(1コリント15:20–21)。私たちが罪から救われるのは信仰による恵みによるので、私たちはもはや裁きを恐れる必要はありません(エペソ2:8–9)。私たちはイエスにおいて赦され、義とされているので、罪のために非難されることはありません。彼が再び来るとき、それは贖われた人々の罪を裁くためではありません(ヘブル9:28)。



一度死ぬことは人に任命されていますが、イエスは罪と死を征服しました。そのため、私たちは彼と彼がしたことと言ったことに細心の注意を払わなければなりません(ヘブル2:1)。

Top