神が世界の創設の前に私たちを選ばれたとはどういう意味ですか(エペソ1:4)。

答え



パウロのエペソ人への手紙の中で、彼は彼らがキリストにあって誰であるか(エペソ1-3)、そして結果として彼らがどのように歩むべきか(エペソ4-6)を理解するのを助けるために書いています。第1章で、パウロは父なる神、子なる神、聖霊がどのように協力して信者の救いを成し遂げ、私たちのアイデンティティを怒りの子供たち(エペソ2:1–3)からキリストに採用された息子たち(エペソ2:1–3)に変えているかを特定します。エペソ人への手紙第1章5節)。彼は、信者はキリストの天国でのすべての霊的な祝福に祝福されていると説明し(エペソ1:3)、次に神がキリストを信じた人々のためにその祝福をどのように達成するかを示します(エペソ2:8–9)。最初に、パウロは、神が世界の創設の前に私たちを選ばれたという驚くべき声明を出します(エペソ人への手紙第1章4節)。

父なる神は、世界が創造される前に、彼の目に聖く非難されないように[キリスト]で私たちを選ばれました(エペソ人への手紙第1章4節)。父も恋をしています。 。 。イエス・キリストの喜びと意志に従って、イエス・キリストを通して養子縁組する運命にありました(エペソ1:4–5)。選挙(選択)と予定説の考えは混乱を招く可能性がありますが、それらは間違いなくパウロによって教えられています。信者が選ばれるか 引き起こされた 世界の創設の前に(アオリスト動詞の真ん中の声に従って)選ばれるべきです。言い換えれば、この神の決意は、世界が創造される前に起こったのです。パウロが、この新しい祝福された信者の立場は自分のしていることではないと主張するところまで注目してください。それは神の選択から始まり、神が信者の祝福の基礎であり、自分自身のメリットではないことを示しています。



歴史的に、神が私たちを選んだという概念には、2つの主要な解釈がありました。ドア#1の裏側では、カルヴァン主義は、神の選択は、信者が自分自身の救いとは何の関係もないことを意味することを教えています。信者の信仰でさえ、それ自体が贈り物です。ドア#2の裏側では、アルミニウス主義の教えは信者の選択を強調し、神の選択は信者が何を選択するかについての神の知識に基づいていることを示唆しています。パウロの言葉を額面通りに受け取るだけでは、これらの神学的結論はどちらも適切ではないように思われます。パウロは、神が世界の創設の前に私たちを選んだと主張し(エペソ1:4)、パウロはエペソ人への手紙1で神の予知についてさえ話しません。ローマ人への手紙第8章の文脈での選択(または選挙)について話し合う。神の選択は神の意志の親切な意図によるものであり(エペソ1:5b、NASB 1995)、神の目的は神の選択によるものであり(ローマ9:11)、私たちが何をするかしないかに基づくものではないようです。 。同時に、私たちは信仰による恵みによって救われており(エペソ2:8)、信仰が必要です。



イエスの救いの説明は、イエスを信じることのみを条件とし(例えば、ヨハネ3:15–16; 6:47)、信じる者に責任を負わせます。したがって、3番目のドアがあります。ドア#1は、神が主権者であり、人間が関与していないことを示唆しています。ドア#2は、神が主権を表明しておらず、選択は完全に人次第であることを示唆しています。ドア#3は、神が彼の主権を表明したことを示唆しています—彼は世界の創設の前に私たちを選びました(エペソ1:4)—そして彼は個人に信仰の責任を負わせます(エペソ2:8)。神の主権と人類の責任の両方は、エペソ人へのパウロの手紙と、私たちがどのようにしてこれほど大きな祝福を受けたのかについての彼の説明から明らかです。

Top