戦いが主の戦いであるとはどういう意味ですか(サムエル上17:47)。

答え



ダビデが主張したとき、戦いはサムエル上17章47節の主の戦いであり、申命記20章1節などの箇所について考えていた可能性があります。申命記の中で、主はモーセを通してイスラエルの民に律法をお与えになります。この律法は、イスラエルに、神に従順で関係する聖なる神の前で生きる方法を提供する契約関係の一部でした。これには、申命記20に見られる、生活のルールと戦争などの取り上げられたトピックが含まれていました。

申命記20は、戦争の基本原則から始まります。既知の世界で最も強力な国の1つであるエジプトからイスラエルを救った神が彼らと共におられました。彼は彼らの力の源であり、彼が奇跡的にエジプトの手からイスラエルを救い出したように、彼は彼らを敵の手から救い出すことができ、そしてこれからも続けるでしょう。



最初のサムエル記17:31–58は、ダビデとゴリアテの記述です。イスラエルの敵はペリシテ人(サムエル上17:1–3)、より具体的にはゴリアテ(サムエル上17:4)でした。ゴリアテは巨人で、身長は約9フィートで、鎧を身に着けていました(サムエル上17:4–7)。ゴリアテはイスラエル軍の前に現れ、彼らに1対1の決闘を挑みました。その結果、敗北した敵の軍全体が敗北しました。この挑戦は、ダビデを除いて、イスラエルの人々に恐れをもたらしました(サムエル上17:11)。



デビッドは羊飼いであり、彼の家族の末っ子であり、戦闘には参加していませんでした。デビッドは3人の兄に食べ物を届けたので、戦場にいるだけでした。到着すると、ダビデは何が起こっているのかを理解していました。イスラエルは敵の軍隊を恐れて立っていました。この認識で、ダビデは正しい質問をします、彼が生きている神の軍隊に逆らうべきであるこの割礼を受けていないペリシテ人は誰ですか? (サムエル上17:26)。ダビデは、巨大な戦士と戦う若い羊飼いであるゴリアテと戦うために志願します。

当然のことながら、サウル王を含むイスラエルの人々は抵抗しました(サムエル上17:33)。ダビデが戦いに負けた場合、イスラエルのすべてがペリシテ人の僕になります。デビッドは、ライオンとクマの両方との戦いにおける彼の成功に関連して、彼の主張を主張します。重要なことに、ダビデはこれらの動物に対する彼自身の強さについては言及していませんが、代わりにゴリアテが存在する結果となる神の力を指摘しています お気に入り ライオンとクマ—つまり敗北。ゴリアテは神の軍隊に反対したので、神は彼を打ち負かし、ダビデは戦いに成功するでしょう。



興味深いことに、サムエル上17章43節で、ゴリアテはダビデを神々にのろいました。ヘブライ語では、呪うことを意味する動詞はPielの語幹にあり、宣言型になっています。言葉の語源は、取るに足らない状態を指しています。ゴリアテは、ダビデは彼の身長と年齢のために取るに足らないものであると宣言していました。

この宣言に対するダビデの反応は、サムエル上17:45–47にあります。ダビデは、自分の力の源はイスラエルの神であると宣言しています。ダビデは主の名として翻訳されたフレーズを使用しています。この言い回しは、人の正式な名前(つまり、神)について簡単に話している可能性があります。しかし、それはしばしば主の源、存在、そして力の考えを持っています。これは、Davidがそれを利用している方法のようです。

ダビデが言ったとき、「戦いはサムエル上17章47節の主のものであるため、彼はモーセの律法(申命記20:1)にある約束から導き出され、神が戦いの結果を決定する力の源であると主張しています。 —ダビデは自分自身の勝利だと信じています。サムエルが記録しているように、ダビデは正しいです(サムエル上17:50)。神はジェシーの家族の中で肉体的に最も弱い者を使って、世界の前で彼の力を示しました。神は、弱者を利用して世界の強者を恥じ、神の力を示し、ご自身の栄光をもたらすというこのパターンを維持しています(1コリント1:27)。

Top