大いなるバビロンが倒れたとはどういう意味ですか(黙示録18:2)。

答え



評判の良い学者たちは、黙示録17-18で大いなるバビロンの正体について議論しました。大いなるバビロンは古代ローマの大国への比喩的な言及であると示唆する人もいます。この見解は、主に、過去主義(およびそのさまざまな形態)として知られている終末論的システムを保持している人々によって保持されています。他の人はそれを主張するでしょう 大いなるバビロン 一般的に邪悪な国に関するスピーチの図として使用されます。神学者たちはまた、大いなるバビロンはまさにそれであり、復活して再建されたバビロンであると結論づけました。黙示録の未来主義者の解釈は、大いなるバビロンを、イエスが戻る前の最後の数日間、バビロン(おそらくローマを意味する)に基づいており、反キリストによって支配されている邪悪な世界システムと見なしています。私たちの記事は未来派の解釈に従います。

聖書の中でバビロンが最初に言及したのは、神に対する反逆の場所でした(創世記11章)。旧約聖書の後半の世紀を通して、バビロンの古代の国は支配的な力でした。バビロンは、神がイスラエルを裁くために使用された国であり、紀元前605年にイスラエルを亡命させ、紀元前586年に神殿を破壊しました。バビロンは間違いなく世界に影響を与えた最初の王国でした。紀元前539年頃に陥落した後も、バビロンは悪の場所と見なされ続けました(ゼカリヤ5:5–11を参照)。



黙示録17-18で大いなるバビロンを特定することの難しさの一部は、黙示録17:5に謎が存在することです。 神秘 、 また ミステリオン ギリシャ語では、これまで知られていなかったが間もなく明らかになる真実を指し示しています。この用語は、エペソ人への手紙第3章3節で、教会内の異邦人とユダヤ人との関係について論じているパウロによって使用されています。黙示録17章では、大いなるバビロンは謎と見なされており、当然のことながら特定が困難になっています。



ヨハネに話しかける天使は、大いなるバビロンを地の王たちを支配する大都市として特定しています(黙示録17:18)。天使はまた、大いなるバビロンの滅亡に至るまでの出来事の詳細を示しています(黙示録17:1–5)。このビジョンの終わりに、ジョンはビジョンが何を意味するのかについて当惑し、非常に不思議に思っています(黙示録17:6)。ありがたいことに、天使はビジョンとそれに関連する出来事の解釈を提供します(黙示録17:7–18)。

ビジョンは、冒とく的な名前で覆われた緋色の獣の上に座っている女性、または娼婦を描写しています。女性は不道徳で腐敗しており、他の人を同じ腐敗の道に導きます。この女性は高価で上質な服を着ており、彼女が乗る獣は7つの頭と10の角を持っています。女性の額には、彼女のアイデンティティである大いなるバビロン、売春婦の母、そして地球の忌まわしきものがあります(黙示録17:5)。



ジョンのビジョンから、大いなるバビロンについていくつかの結論を導き出します。

•終わりの時のバビロンは、すべての人々、大勢の人々、国、言語に影響を及ぼします(黙示録17:15)。

•大いなるバビロンは、冒とくとの関連(黙示録17:3)と売春婦としての描写(詩篇106:39;レビ記17:7;士師記2:17を参照)によって示される宗教的異端を促進します。

•バビロンは神の真の追随者を殺します。女性は神の聖なる民の血、イエスの証を述べた人々の血に酔っています(黙示録17:6; 18:24参照)。

•終わりの時のバビロンは、再び贅沢、富、そして豊かさの場所になります(黙示録18:7、11–17)。

•大いなるバビロンは世界的なマーチャンダイジングの中心となるでしょう(黙示録18:19、23)。

•バビロンは積極的に人々を堕落に陥れます(黙示録18:23; 19:2)。

•大いなるバビロンは、十王と獣の連合に関連付けられます(黙示録17:12; 13:4を参照)。

•終わりの時のバビロンはしばらくの間繁栄しますが、その後、獣と10人の王は、そのような財政的、宗教的、政治的システムはもはや必要ないと結論付けます。彼らはそれを処分し始めます:彼らは彼女を破滅させ、彼女を裸のままにします。彼らは彼女の肉を食べ、火で彼女を燃やします(黙示録17:16)。

•大いなるバビロンの堕落は、神が10人の王を通して彼の意志を成し遂げるために働いたときの神の裁きの結果です(黙示録17:17)。

結局、大いなるバビロンが頼っていた王国はそれに逆らい、彼らの手によって大いなるバビロンは滅ぼされます。獣と彼と一緒に支配する王たちは、イエス・キリストに対して戦争をします。もちろん、イエスは主の主であり、王の王であるため、彼らは負けます(黙示録17:14)。黙示録18:2で、天使が大地に降りてきて、大いなるバビロンに対するイエスの勝利のすばらしい知らせを宣言します。すべての天国は喜びます(黙示録19:1–3)。

終わりの時、神に対する世界の反逆は熱狂的なピッチに上がるでしょう。反キリストのシステムは、横行する唯物論、お金への愛、法外な偶像崇拝、宗教的犠牲、そしてキリスト教徒に対する暴力によって特徴付けられます。しかし、彼の時間は短くなります。患難の終わりに、イエスが勝ちます。大いなるバビロンは滅ぼされ、反キリストは燃える硫黄の燃える湖に生きたまま投げ込まれます(黙示録19:20)。イエスだけが全能の主の主であり、王の王です。

Top