すべての人にとってすべてのものになるとはどういう意味ですか(コリント第一9:22)。

答え



使徒パウロが書いたときに何を意味していたかを理解するために、私はすべての人にとってすべてのものになりました。私たちはその声明を文脈の中で維持しなければなりません。パウロはコリント式の教会に、自分をつらい人生に服従させる動機を説明していました。彼は結婚する権利(5節)と教会から給料を引き出す権利(6-12節)を放棄しました。パウロはキリストの目的に完全に身をゆだね、自分の体にその決定の痕跡を残しました(ガラテヤ2:20; 6:17を参照)。

パウロの呼びかけの一部は異邦人に説教することでした(ガラテヤ2:8)、そしてそれは彼が必要に応じて彼のアプローチの要素を変えることを要求しました:私は自由で誰にも属していないが、私は自分自身をすべての人の奴隷にしましたできるだけ多く勝つ。ユダヤ人にとって、私はユダヤ人のようになり、ユダヤ人に勝ちました。法の下にいる人たちにとって、私は法の下にいる人たちに勝つために、法の下にいる人たちのようになりました(私自身は法の下にありませんが)。律法を持たない人々にとって、私は律法を持たない人々のようになり(私は神の律法から自由ではありませんが、キリストの律法の下にあります)、律法を持たない人々に勝ちます。弱者に私は弱くなり、弱者に勝つために。私はすべての人にとってすべてのものになりました。それは、あらゆる手段で私がいくらかを救うことができるようにするためです。私は福音のためにこれらすべてを行い、福音の祝福を分かち合うことができます(1コリント9:19–23)。



これが意味しないのは、私たちが世界に溶け込むために妥協するということです。悔い改めない罪人が感動し、望んでいると仮定して、私は世俗的な生活を送るための言い訳として、私はすべての人にとってすべてのものになりました。キリストに来るために。しかし、パウロは聖書に定められている神の道徳的基準を決して妥協しませんでした。むしろ、彼は、ユダヤ人であろうと非ユダヤ人であろうと、あらゆる聴衆に到達するために、伝統と慣れ親しんだ快適さを放棄することをいとわなかった。



たとえば、アテネにいるとき、パウロはギリシャ人にイエスについて話す前に、ギリシャ人との関係を築きました。彼は彼らの多くの偶像の中に立って、彼らの神々への献身についてコメントしました(使徒17:22)。パウロは、アテネの偶像崇拝に反対するのではなく、異教の誇りの象徴を使って注目を集めました。別の時、エルサレムで教育を受けたユダヤ人の指導者たちと話すとき、パウロは彼らの尊敬を得るために彼自身の高いレベルの教育を指摘しました(使徒22:1–2)。後に、ローマ人の管理下にあり、むち打ちをしようとしているとき、パウロは自分がローマ市民であり、むち打ちを避けたと述べました(使徒22:25–29)。彼は自分の信任状について自慢することはありませんでしたが、適切な情報が彼に特定の聴衆との信頼を与えるのであれば、彼は彼らとの共通点を見つけるためにできることをしました。彼はヘブライ人の家庭でどのように振る舞うかを知っていましたが、ギリシャ人の家庭にいたときは、ユダヤ人の文化的伝統を省くことができました。彼は福音のためにすべての人にとってすべてのものである可能性があります。

すべての人にとってすべてのものになるには、いくつかの方法があります。



1。 聞く 。特に他の人がイエスについて聞く必要があることを知っているとき、私たちはしばしば自分の考えを共有することに熱心すぎます。よくある間違いの1つは、相手の話を実際に聞く前に会話に飛び込むことです。私たちは皆、聞いてくれて感謝しています。私たちがその礼儀を他の誰かに拡張するとき、彼または彼女は私たちが言わなければならないことに耳を傾ける可能性が高くなります。最初に聞くことによって、他の人は、単に回心する使命の場ではなく、私たちが気にかけている個人になります。

2。 親切にしてください 。これはクリスチャンにとっては言うまでもありませんが、残念ながら、その瞬間の情熱の中で優しさを忘れることができます。これは特にインターネットに当てはまります。オンラインの匿名性は、多くの人々、キリストを代表すると公言している人々でさえ、失礼または憎しみに満ちたコメントをするように導きます。最後の言葉を聞いても、私たちが議論に勝った、またはその人の尊敬を得たという意味ではありません。ヤコブ1:19–20は、聞くのが速く、話すのが遅く、怒るのが遅いと私たちに忠告しています。人の怒りは神の義を生み出さないからです。優しさと敬意は決して時代遅れになることはなく、主題に関係なく適切です。

3.3。 文化に敏感になる 。訓練を受けた宣教師は、文化グループに到達する前に、その文化の詳細を理解する必要があることを知っています。たとえ私たちが自分の町を離れることがなくても、すべての信者に同じことが当てはまります。西洋文化は急速に変化しており、多くの場所でユダヤ教とキリスト教の原則はもはや受け入れられておらず、理解さえされていません。文化を理解したり、文化に没頭している人々に到達したりするために、文化のあらゆる部分を承認する必要はありません。最初に人々が霊的にどこにいるのかを見極めるのを聞いてから、彼らとの共通点を見つけることによって、彼らが聞いたことのない真実に飢えている人々に到達できるかもしれません。

四。 偏見に対処する 。あらゆる種類の偏見は、最初から人類の歴史の一部でした。私たちがどれほど懸命に努力しているにもかかわらず、私たちは皆、特定の他の人々のグループに対して何らかの形の偏見を持っています。皮肉なことに、あらゆる種類の偏見を非難する人々でさえ、通常、彼らが偏見を持っていると考える人々に対してかなり偏見を持っています!私たち自身のプライドを認め、裁きの態度と愛の欠如を悔い改めることは、すべての人にとってすべてのものであるというパウロの模範に従いたいクリスチャンにとって、継続的なプロセスであるべきです。元パリサイ人として、イエスが召された人々に福音を広めるために、異邦人に対する彼自身の偏見に対処しなければなりませんでした。

クリスチャンの目標は、十字架の問題を除いて、あらゆる点で不快感を与えないことです。キリストの十字架のメッセージは当然のことながら不快感を与えますが、私たちはそれを弱めることはできません。十字架の説教は、滅びゆく人々にとって愚かです(コリントの信徒への手紙第一1:18)。イエスは、世界が私たちを憎んでいるときにショックを受けないように私たちに警告しました。それは最初に彼を憎んだのです(ヨハネ15:18)。私たちのメッセージは人間のプライドに不快感を与え、罪の性質と矛盾するので、私たちの行動や態度は不快感を与えるべきではありません。私たちがパウロの模範に従い、すべての人にとってすべてのものになるよう努めるとき、私たちは自分自身を謙虚にし、自分の権利を手放し、彼らがいる場所で人々に会い、イエスが私たちに求めていることを何でもすることをいとわない必要があります。彼は彼らを救うために死んだ。私たちは彼らが理解できる方法で彼らにそれを伝えるのに十分なほど彼らを愛さなければなりません。

Top