エペソ人への手紙第6章10節で主に強いとはどういう意味ですか。

答え



使徒パウロがエペソの教会への手紙を閉じ始めると、彼はこの訴えをします。最後に、主と彼の強力な力に強くなります(エペソ6:10)。ここで「強い」と訳されているという言葉は、新しい英語の翻訳で表現されているように、実際には強化されていることを意味します。

パウロはエペソ人に、キリスト・イエスにおける神の高い召しとそこから流れる人生について教えていました。彼は、信者個人、クリスチャンコミュニティ内の交わり、そして家庭内のより親密な家族関係のために、この人生の基準を概説しました。最後に、パウロはクリスチャンの生活は霊的な戦いへの参加を意味することを信者たちに思い出させました。彼自身の経験から、使徒は反対が現実であり、戦争が激しいことを知っていました。私たちの闘いは肉と血に対してではなく、支配者に対して、当局に対して、この暗い世界の力に対して、そして悪の霊的な力に対してです。天国で。ですから、神の完全な武具を身に着けなさい。そうすれば、悪の日が来るとき、あなたは自分の立場に立ち、すべてを終えた後、立ち上がることができるでしょう(エペソ6:12–13)。



信者たちは闇の力で霊的な戦いを続けているので、神の力がなければ耐えられません。主に強くなり、主の力の力は、勝利したクリスチャン生活を送るために不可欠です。



まず、主に強いということは意味しないことを理解することが重要です。元のギリシャ語では、この用語は受動態の動詞であり、あるタスクに対して(より)可能または可能になることを意味します。主に強くなることは、あなた自身の力を築くことを含みません。信者は主にあって自分自身を強めることはできません。むしろ、彼らはしなければなりません 権限を与えられる また 強化される 、ギリシャの声が示すように。

主に強くなることの意味を理解するための次の鍵は、主や主によるのではなく、使徒による主の中での使用です。私たちの生活が主に位置づけられ、主と一致してはじめて、私たちは敵を克服するための適切な力を持っています。イエスは言われた、「わたしもあなたの中にとどまるように、わたしの中にとどまりなさい」。枝はそれ自体で実を結ぶことはできません。つるに残っている必要があります。あなたがわたしの中に留まらない限り、あなたも実を結ぶことはできません。 「私はぶどうの木です。あなたは枝です。あなたがわたしの中にとどまり、わたしがあなたの中にいるなら、あなたは多くの実を結ぶでしょう。私を除けば、あなたは何もできません」(ヨハネ15:4–5)。信者のエンパワーメントは、イエスにあることから来ています。彼を除いて、私たちは何もすることができませんが、キリストにおいて私たちは彼の力のすべての力を自由に使えるようにしています。キリスト・イエスにおける神の高い召しを通して、主の力は私たちを可能または有能にします。彼は私たちがどんな仕事にも必要なすべてのもので私たちを強化します。エペソ人への手紙を締めくくると、パウロは主が私たちに神の完全な武具を備えた霊的な戦いをどのように備えておられるかについて詳しく説明します(エペソ人への手紙第6章13-18節)。



エペソ人への手紙の初期に、パウロは、彼の力の力強い働きによると、彼の読者が信じる私たちに対する彼の力の計り知れない偉大さを理解し、体験することができるように祈っていました。彼はキリストにおいてこの力を行使し、彼を死からよみがえらせ、天の右手に座らせました。この時代だけでなく、来て。そして、彼はすべてを自分の足の下に置き、教会のすべての頭として彼を任命しました。それは彼の体であり、あらゆる方法ですべてのものを満たす人の充満です(エペソ1:19–23、CSB)。

パウロが信者たちに主を強く信じるように勧めるとき、彼は彼らを忠実に、つまりキリストにとどまり、人生のすべてについて主の力を信頼するように呼びかけています。真のクリスチャンの力は、私たちが神に完全に依存していることを認識することから生まれます。これは、パウロが書いたときに意味したことです。私は、私を強める彼を通してすべてのことを行うことができます(ピリピ4:13、CSB)。

私たちが人間の弱さの領域で活動するとき、私たちはしばしば主の中で最も強くなります。神はサタンがパウロを苦しめることを許されましたが、神の目的はパウロを謙虚に保ち、彼の人生で彼の力を示すことでした。ですから、私は自分の弱点をもっと喜んで自慢し、キリストの力が私にかかっているようにします(コリント第二12:9)。クリスチャンの人生におけるキリストの力は、弱さの力として定義することができます。主の恵みは、私たちの弱さを認める場合にのみ捕らえられるからです。

聖書全体を通して、神は人間の力が不足している状況で神の力を示すことを喜んでおられます(サムエル上14:6–15;コリント第一1:27)。私たちが自分自身に弱いとき、神の力が明らかになるので、私たちは主に強くなります。彼は弱さで十字架につけられましたが、神の力によって生きています。私たちも彼に弱いのですが、あなたに対処するとき、私たちは神の力によって彼と一緒に生きます(2コリント13:4、CSB)。主に強くなるということは、キリストと霊的に一致することを意味します。そうしてはじめて、私たちは十字架の弱さと復活の力の両方を体験することができます(ローマ6:5)。

Top