怒って罪を犯さないというのはどういう意味ですか(詩篇4:4)。

答え



詩篇4は、ダビデによって書かれた信頼の詩篇です。詩篇は簡潔で、たった8節です(9節、合唱団長のヘブライ語のアクリプション、弦楽器、ダビデの詩篇を含む)。詩篇は3つのセクションに書かれており、2節と4節の終わりにセラー(一時停止または音楽的な間奏のマーカー)があります。2番目の短いセクションでは、ダビデは歌い、震え、罪を犯しません(詩篇4:4、NASB )または、ESVが述べているように、怒って罪を犯さないでください。 ESVで怒っていると翻訳されたヘブライ語は レスパイト 、そしてそれは邪魔されたり動揺したりすることを意味することがあります。デビッドは、動揺する正当な原因があることを認識していますが、罪深いところまで行くことには注意を払っています。新約聖書では、パウロは詩篇4:4から引用し、エペソ4:26に住むクリスチャンについて指示を与えています。

ダビデは、神が以前にしたように、神に彼の言うことを聞くように呼びかけます(詩篇4:1)。ダビデは、偽りで彼を虐待している男性を心配しているようです(詩篇4:2)。ダビデは、神への信頼を、敬虔な人を引き離し、神に呼びかけたときに彼の言うことを聞いたと断言します(詩篇4:3)。ですから、人は悩むことも、怒ることさえありますが、それでも、敬虔な人は神が聞いて救われることを知っているので、その怒りは罪深さまで及ぶべきではありません(詩篇4:4)。同じように、ダビデは聞き手に、夜に静かに(神の忠実さについて)瞑想し、じっとしているように呼びかけます(詩篇4:5)。



詩篇の最後の最も長い部分で、聞き手に怒りと罪を犯さないことを思い出させた後、ダビデは私たちが正しい犠牲をささげ、主に信頼を置くべきであると勧めます(詩篇4:5、ESV)。主へのその信頼のために、敬虔な人は決して悪行者について心配する必要はありません。他の人が私たちに良いことを示さないときでさえ、神は私たちに彼の光を照らします(詩篇4:6)。彼は私たちの心にたくさん持っている以上に喜びを与える人です(詩篇4:7)。夜は安らかに休む (詩篇4:8)。



この詩篇は、とりわけ、私たちが怒り、罪を犯さないことができるということを思い出させるのに役立ちます。私たちは動揺しているかもしれませんが、私たちは彼を信頼しているので、怒りで克服する必要はありません。パウロは後に詩篇4:4(ヘブライ語の翻訳)を引用しています レスパイト ギリシャ人と orgizo 、その用語を示す 怒り は正確な表現です)、怒りが罪にまで及ばなければ、怒りは受け入れられることを信者に思い出させます。パウロはまた、怒りに重要な時間制限を設けています。彼が言うように、あなたの怒りに太陽を沈めさせないでください(エペソ4:26、ESV)。ダビデの歌は、私たちが主を信頼しているために神の備えの安らぎに焦点を当てていたため、夜に歌われたようでした。パウロは読者に怒りを抱かないように呼びかけています。ダビデの言葉は心に訴えますが、パウロの言葉は知性に訴えますが、同じ処方箋を提供しています。怒りで一日を終わらせるのではなく、主に自信を持ってください。

人間の怒りは神の義を達成しないので、怒りと信仰は相互に排他的な考えです(ヤコブ1:20)。神は信頼でき、怒りの点で私たちを悩ますかもしれないものは何でも神に与えることができます。私たちは彼がそれを処理することを信頼することができます。



Top