非難/非難を超えているとはどういう意味ですか?

答え



辞書は定義します 叱責 恥や恥辱として、あるいは人に叱責や非難をもたらすものとして。聖書は、教会内の長老または執事の職を志す人々の特徴的なしるしの1つとして、非難を超えている、または非難されていないことを述べています(1テモテ3:2;テトス1:6–7)。教会のための彼らの働き、そして他の人々との相互作用は、彼らが恥をかかせたり、キリストの体やイエスの名を恥じたりしないような道徳的な質のものでなければなりません。これは教会内だけでなく教会外にも当てはまります。

使徒パウロは、監督と呼ばれることもある長老と執事の資格について概説しています。彼は次のように書いています。言葉 しなければならない は、非難を超えるというこの特定の資質が、教会における指導的役割の無条件の前提条件であることを強調しています。



しかし、上記の非難は罪がないことを意味するものではありません。クリスチャンは完全に罪のない人生を送っていませんし、天国の栄光の状態に達するまで私たちも生きません。上記の非難は、監督者の人生に、教会がエミュレートするための最高のクリスチャンの基準とモデルを設定することを妨げるような罪深い習慣や行動がないことを意味します(ヘブライ13:7;ペテロ第一5:3)。同様に、監督者は教会の外にいる人々にその評判を傷つけさせる理由を与えてはなりません。非難を超えているということは、だれも彼に対して正直に告発や告発をすることができないことを意味します(使徒25:7;ペテロ第一3:16)。



本質的に、教会の監督者は、その性格が非の打ちどころのない男性であり、コミュニティ内で高く評価されている必要があります。そのような男性は彼らの健康的な生活と汚れのない誠実さで知られています。長老と助祭は、性格と評判の良い男性でなければなりません。パウロはテモテとテトスへの手紙の中で、教会の指導者になりたいと願う人々の際立ったしるしに取り組んでいますが、それは確かにすべてのクリスチャンが同じ資質を熱望する必要性を減じることはありません。非難を超えることは、すべての信者の継続的な目標であるべきです(コロサイ3:7–10)。

Top