キリストにとどまるとはどういう意味ですか?

答え



従うことは、生きること、継続すること、または残ることです。ですから、キリストにとどまるということは、キリストに住むか、キリストにとどまるということです。人が救われるとき、その人はキリストにあり(ローマ8:1; 2コリント5:17)、永続的な関係で安全に保たれている(ヨハネ10:28–29)と表現されます。したがって、キリストにとどまるのは特別なレベルのクリスチャンの経験ではなく、ごく少数の人しか利用できません。むしろ、それはすべての真の信者の立場です。キリストにとどまっている人々とキリストにとどまっていない人々の違いは、救われた人々と救われていない人々の違いです。

キリストにとどまることが1ヨハネ2:5–6で教えられており、それはキリストを知ることと同義です(2節と3節)。同じ章の後半で、ヨハネは父と子にとどまることが永遠の命の約束を持っていると見なしています(24節と25節)。聖書的には、キリストにとどまり、留まり、そしてキリストを知ることは、同じこと、つまり救いへの言及です。



表現 キリストにとどまる 単なる表面的な知人ではなく、親密で緊密な関係を描いています。ヨハネ15:4–7で、イエスは弟子たちに、つるに結ばれた枝の絵を使って、イエスから命を引き出すことが不可欠であると告げています。枝はぶどうの木にとどまらない限り実を結ぶことができないので、あなたがわたしにとどまらない限り、あなたも実を結ぶことができない。私はぶどうの木であり、あなたは枝です。わたしとわたしの内にとどまる者は、多くの実を結ぶ。わたし以外には何もできないからである。だれかがわたしに従わないなら、彼は枝として捨てられて乾きます。そして彼らは彼らを集めて火に投げ込み、彼らは燃やされます。もしあなたがわたしにとどまり、わたしの言葉があなたにとどまるならば、あなたが望むことは何でも聞いてください。そうすれば、それはあなたのために行われるでしょう。救いがもたらすキリストとのその重要な結合がなければ、命も生産性もあり得ません。他の場所では、聖書は私たちのキリストとの関係を、頭のある体の関係に例えています(コロサイ1:18)-もう一つの本質的な結合です。



ヨハネによる福音書第15章6節(ぶどうの木にとどまらない枝は捨てられて燃やされる)の警告を受けて、クリスチャンは常に救いを失う危険にさらされているという人もいます。言い換えれば、彼らは救われることは可能であるが従うことはできないと言っています。その場合、私たちは追い出されるでしょう。しかし、これは、私たちが救いの後を達成するために努力しなければならないキリストとの親密な状態に言及して、従うことが救いとは別である場合にのみ真実である可能性があります。聖書は、救いは恵みによってもたらされ、恵みによって維持されることを明確にしています(ガラテヤ3:2–3)。また、枝がどういうわけかぶどうの木から落ちて救いが失われる可能性がある場合、他の非常に明確な聖書箇所は矛盾します(ヨハネ10:27–30を参照)。

真のつるの比喩をこのように解釈するのが最善です。明らかに、イエスは真のつるです。彼にとどまる枝は本当に救われています—彼らは救い主との本当のそして重要なつながりを持っています。彼にとどまらない枯れた枝は、つるへの愛着を装ったが、彼から命を奪わなかった、救われていない偽り者です。結局、偽り者は彼らが何であったかについて見られるでしょう:イエスへの本物の愛着を持っていなかったハンガーオン。しばらくの間、ペテロとユダの両方がキリストとの歩みにおいて同一であるように見えました。しかし、ピーターはつるに執着していました。ユダはそうではありませんでした。



ジョンは枯れた枝の原則を次のように言い換えています。彼ら[現在キリストに反対している人々]は私たちから出て行ったが、彼らは実際には私たちのものではなかった。もし彼らが私たちのものだったら、彼らは私たちと一緒にいたでしょう。しかし、彼らの行くことは、彼らの誰も私たちのものではないことを示しました(1ヨハネ2:19)。

救いの証拠の一つは、忍耐力、またはキリストにとどまっていることです。救われた者はキリストと共に歩み続けます(黙示録2:26を参照)。つまり、彼らは彼にとどまるか、彼にとどまります。神は彼らの中で彼の働きを完了し(ピリピ1:6)、彼らは神の栄光に多くの実をもたらすでしょう(ヨハネ15:5)。倒れたり、キリストに背を向けたり、従わなかったりする人々は、単に信仰を救うことの欠如を示しています。従うことは私たちを救うものではありませんが、それは救いのしるしの一つです。

キリストにとどまっていることの証明(つまり、人が本当に救われており、ふりをしているだけではないことの証明)には、キリストの命令に従うことが含まれます(ヨハネ15:10; 1ヨハネ3:24)。イエスの模範に従います(1ヨハネ2:6)。習慣的な罪から解放されて生きる(ヨハネ第一3:6)。そして、自分の人生の中での神聖な存在の認識(1ヨハネ4:13)。

Top