庇護を求める/許可することについて聖書は何と言っていますか?

答え



庇護を求める人とは、自国で直面する危険を理由に、外国に保護を求める人のことです。庇護希望者、または庇護者は、人種、出身国、宗教、政治的意見、または社会集団のメンバーシップのために、自国で迫害を合理的に恐れていることを証明できなければなりません。彼らが真に危険にさらされている場合、ほとんどの自由国家は彼らに逮捕および/または彼らの出身国への引き渡しからの保護を与えるでしょう。

庇護を求めることは、国に不法に移住することと同じではないことに注意する必要があります。不法移民は、新しい国への入国を管理する法律を無視して、自分の国から別の国に逃げます。庇護希望者は合法的に入国した場合と入国しなかった場合があります。



旧約聖書には別のタイプの亡命希望者がいました。神はレビ人に、人が意図せずに誰かを殺した場合に逃げることができる6つの避難都市を分けるように指示されました(出エジプト記21:13;申命記19:2–13;ヨシュア20:1–6)。逃れの町では、告発された殺人者は亡命を見つけ、事件が裁判にかけられるまで、復讐を求める人から安全に暮らすことができました。殺害が意図的でないことが判明した場合、大祭司が死ぬまで避難所の都市内で亡命が許可されました。亡命者が避難所の街にとどまっている限り、彼は無事でした(番号35:24–28)。大祭司の死後、亡命者は避難所の街を離れ、自由に旅行することができました。



庇護希望者は、法律に照らして公正と正義を受けるべきです。個人として、私たちは庇護希望者をどのように扱うかについて明確な聖書の指示を持っています。新約聖書には、言葉と行いの両方で他の人を愛するようにという指示がたくさんあります。たとえば、ガラテヤ6は、すべての人々、特に信者の家族に属する人々に善を行うことについて語っています(ガラテヤ6:10)。最初のヨハネ3:18は、「親愛なる子供たちよ、言葉や言葉ではなく、行動と真実を愛しましょう」と言っています。庇護を求める人々を私たちがどのように扱うかは、私たちとイエスとの関係を反映しています。

また、亡命希望者、難民、移民のための神の心についての洞察を得るために旧約聖書に目を向けることもできます。レビティカス19:33–34で、神はイスラエル人にこう言われました。外国人があなたの土地に住んでいるとき、彼らを虐待しないでください。あなたの中に住む外国人はあなたの生まれつきの人として扱われなければなりません。あなたはエジプトの外国人だったので、あなた自身のように彼らを愛してください。私はあなたの神、主です。レビティカス19:9–10で、神はイスラエル人に彼らの穀物畑の端に刈り取るのではなく、貧しい人々と外国人のために落穂拾いを残すように言われました。



神が私たちのためにしてくださったことをすべて知っているので、私たちは外国人を隣人として扱い、自分自身を愛するように彼らを愛することになっています。神の愛を受けた私たちは、それを他の人と分かち合うべきです。私たちはまた、私たちが法律に従い、議員を尊重する方法の模範となるべきです。実際、庇護を求める人々を支援する1つの方法は、彼らが法律をナビゲートし、彼らに代わって合法的な居住に必要な許可を取得することを提唱するのを支援することです。

もちろん、霊的な亡命はイエスにあります。避難所の町が安全で危険からの救いの場所であったように、イエスは罪人が安全を見つけて罪と死から救う避難所です(ヘブル6:18)。私たちは、罪の非難、神の怒り、そして地獄の永遠から直面する危険から逃れるためにキリストに駆け寄ります。イエスは、罪と死からの避難のためにイエスに来るすべての人に安全を提供します。

Top