聖書は楽しさと娯楽について何と言っていますか?

答え



神は決して言わない、あなたは楽しみを持ってはならない、そしてあなたはあなたのすべての日の間微笑んではならない。楽しい時間を過ごすことは罪ではありませんが、余暇活動をするときは、神が敬虔な生活のために定められた原則に注意を払う必要があります。何よりもまず、コロサイ3:17です。そして、あなたが言葉や行いで行うことは何でも、すべて主イエスの名によって行い、父なる神に感謝します。私たちがリラックスして楽しんでいるとき、または娯楽を求めているときは、これらの活動が神を喜ばせることを常に確認する必要があります。

食べ物、ワイン、お金などは道徳的に中立です。たとえば、ワインは善でも悪でもありません。それを実現するのは、私たちがそれを使って行うことです。パウロは次のように指摘しています…もし食べ物が私たちを神に近づけないのなら。食べなくても悪くはなく、食べても良くなりません(1コリント8:8)。彼はすぐにこれに従いますが、楽しみや娯楽を含むすべての活動に適用すべき重要な指示があります。しかし、あなたの自由の行使が弱者のつまずきとならないように注意してください(1コリント8:9)。リラックスして私たちの生活を楽しむ私たちの自由は、他の人が彼らの信仰につまずくことを決して引き起こしてはなりません。古典的な例は、回復中のアルコール依存症の人を招待した場合、夕食時にワインを提供するべきではないというものです。私たちはパウロの先導に従うべきです。私は自由で誰にも属していないのですが、できるだけ多くの人に勝つために、私は自分自身をすべての人の奴隷にします。弱者に私は弱くなり、弱者に勝つために。私はすべての人にとってすべてのものになりました。それは、あらゆる手段で私がいくらかを救うことができるようにするためです(1コリント9:19、22)。



神はまた、私たちが不信者の影響下に置かれることを望まれません。キリストが罪人や収税人と夕食に座ったときのように、私たちは彼らと交際するかもしれませんが、私たちは彼らに影響されることを許すべきではありません。パウロはこう書いています、不信者と一緒にくびきをかいてはいけません。義と悪には何が共通しているのでしょうか。それとも、光は闇とどのような交わりを持つことができますか?キリストとベリアルの間にはどのような調和がありますか?信者は不信者と何が共通していますか? (2コリント6:14-15)。たとえば、男性が妻との関係を築くために時間を費やす必要がある場合、または彼らの会話が粗雑または不敬である場合、男性はゴルフのラウンドに仲間と一緒に行くべきではありません。私たちはすべてのことにおいて神のために生きるべきであり、そして私たちはノーと言う力を持つことができなければなりません!誰かが私たちをそこから連れ去ろうとしたとき。



コロサイ3:17によると、私たちはまた、イエス・キリストが提供する楽しさと娯楽について、イエス・キリストを通して神に感謝しなければなりません。ある人は、レクリエーションとは再作成または更新することを意味すると指摘したことがあります。神は私たちが今度は更新され、私たちの信仰の中で成長することをお許しになります。ジェームズは私たちに言います、すべての良いそして完璧な贈り物は上から来て、影を変えるように変わらない天の光の父から降りてきます(ジェームズ1:17)。楽しさと娯楽は、私たちが神に近づくために与えられた神の賜物です。私たちがレクリエーションを計画しているとき、私たちはこれを覚えておくべきであり、そのような良い完璧な贈り物を神に感謝することを忘れないでください。

Top