聖書は差別について何と言っていますか?

答え



好き嫌いは偏見または偏見です。好意を示すことは、平等な主張を持つ他の人よりも一人を優先することです。これは差別に似ており、社会階級、富、衣服、行動などの条件に基づく場合があります。

聖書は、差別が私たちの人生に対する神の意志ではないことを明確にしています。第一に、好意は神の性格と一致していません。神は好意を示さないのです(ローマ2:11)。彼の前ではすべてが平等です。エペソ人への手紙第6章9節は、彼に好意はありませんと言っています。コロサイ3:25は、裁きにおける神の公平さを教えています。間違ったことをした人は誰でも、その間違ったことに対して報いられ、好意はありません。



第二に、聖書はクリスチャンが好意を示さないことを教えています。私の兄弟たちは、私たちの栄光ある主イエス・キリストを信じる者として、好意を示さないのです(ヤコブ2:1)。文脈は、教会における金持ちと貧乏人の扱いに関するものです。ジェームズは、彼の財政状態または彼がどのように服を着ているかに基づいて誰かを異なって扱うことは間違っていると指摘します。



旧約聖書は、好意について同様の指示を提供しています。 Leviticus 19:15は、正義を歪めないでくださいと教えています。貧しい人々に偏見を示したり、偉大な人々に好意を示したりしないでください。しかし、あなたの隣人を公平に判断してください。出エジプト記23:3も同様に命じています、彼の訴訟で貧しい人に好意を示さないでください。正義は盲目であるべきであり、金持ちと貧乏人の両方が法の前に平等に扱われるべきです。

第三に、聖書は好意的な罪を呼びます。あなたが聖書にある王の律法を本当に守っているなら、「あなたの隣人をあなた自身のように愛しなさい」、あなたは正しいことをしているのです。しかし、あなたが好意を示すならば、あなたは罪を犯し、法律違反者として法律によって有罪判決を受けます(ヤコブ2:8-9)。好き嫌いは、隣人を自分自身として愛するという神の呼びかけに対する重大な犯罪です。



第四に、教会の指導者は特に、好意を示さないように告発されています。パウロは若い教会の指導者であるテモテに、神とキリスト・イエスと選ばれた天使たちの目の前で、これらの指示を偏りなく保ち、好意から何もしないように命じました(テモテ第一5:21)。

第五に、好意を示すことを避けることは難しい。キリストの最も近い信者でさえ、彼らとは異なる人々に対する偏見に苦しんでいました。使徒ペテロが最初に非ユダヤ人に奉仕するように召されたとき、彼は気が進まなかった。彼は後に認めました、私は今、神が好意を示さず、彼を恐れて正しいことをするすべての国からの男性を受け入れることがどれほど真実であるかを理解しています(使徒10:34-35)。ジェームズが特に好意の罪に取り組んでいるという事実は、これが初代教会内の一般的な問題であったことを意味します。

好き嫌いは私たちがまだ扱っている問題です。好き嫌いや偏見は神からのものではなく、クリスチャンは愛するように召されています。人間として、私たちは神が見ているように他の人を見るのではなく、利己的で個人的な基準に基づいて判断を下す傾向があります。私たちが主であり救い主であるイエス・キリストの恵みと知識の中で成長し、すべての人を神の愛で扱うという彼の模範に従いますように(ヨハネ3:16)。

Top