聖書は教育について何と言っていますか?

答え



ソロモンは次のように書いています。多くの本を作ることには終わりがなく、多くの研究が体を疲れさせます(伝道の書12:12)。一晩中引っ張ったり、テストのために詰め込んだり、方程式を覚えたり、教科書を読んだりした学生は誰でも、その声明の真実を確認することができます。ソロモンのポイントは、単に知識を蓄積することよりも重要なことがあるということでした。つまり、神を恐れ、神に従うことです(13-14節)。

それは教育が重要ではないということではありません。実際、イエスご自身が学びました。彼の子供時代について私たちが知っている唯一のことの一つは、彼が身長を伸ばすにつれて知恵を増したということです(ルカ2:52)。つまり、神の子は、人間としての知識を吸収する必要がある立場に自発的に身を置いたのです。教育はプロセスの一部でした。



教会は歴史的に教育と心の向上を促進してきました。改革者のジョン・カルヴァンは、すべての子供が宗教だけでなく、読書、執筆、数学、文法の訓練を受けるべきであると信じて、普遍的な教育の強力な支持者でした。マルティン・ルターは、聖書の言葉と、その言葉が根付く世界の性質の両方を理解するために、教育が不可欠であると教えました。現代の日曜学校運動は、ロバート・レイクスが社会から見過ごされていた貧しい子供たちを教育し始めた1780年に始まりました。ハーバード、エール、プリンストン、オックスフォード、ケンブリッジを含むほとんどの大学は、キリスト教徒によって宗教学校として設立されました。



箴言では、息子が父親の指示に耳を傾けるように勧められており、学んだ知識の応用は知恵と呼ばれています。言葉 教育 聖書には英語の形で出てこないかもしれませんが、聖書は教育の過程について多くを語っています。そしてそれは親と子から始まります。親への命令は、主の中で子供たちを育てることです(エペソ6:4)、そしてギリシャ語 パイデイア 、KJVで翻訳された育成は、トレーニング、教育、指導、および規律のアイデアを持っています。

ソロモンは、すべての真の知識の基礎は主を恐れることであると語っています(箴言1:7)。言葉 恐れ ここには恐怖や恐怖の考えはありません。むしろ、それは神の神聖さと威厳に対する畏敬の念と畏敬の念であり、神を失望させたり従わなかったりすることを躊躇します。イエスは、私たちが真理を知っているとき、真理は私たちを自由にするだろうと言われました(ヨハネ8:32)。恐れからの自由は、真実で教育されることから来ます。



ローマ人では、使徒パウロは次の言葉を使用しています 知る また 知っている 11回。私たちは何を知っていますか?神の剣。私たちが霊的な知識を身につけてそれを私たちの生活に適用するとき、私たちは霊と真理で主に仕えます(ローマ6:11-13)。神学は、私たちの神の知識が博学の他のすべての分野に情報を与えるため、科学の女王と呼ばれています。

クリスチャンは、神に認められた自分を示すために勉強することになっています(テモテ第二2:15、KJV)。 NIVはこの聖句を表現しています。恥ずかしがる必要がなく、真理の言葉を正しく扱う職人として、承認された者として神に自分自身を提示するために最善を尽くしてください。ギリシャ語の翻訳された研究とは、勤勉を与えること、自分を発揮すること、または急いで自分を適用することを意味します。ですから、自分自身を教育するためには、神の言葉を熱心に研究するために自分自身を適用しなければなりません。

一部の人々は、教育をすべて社会の病気の治療法と見なしています。しかし、教育それ自体は、不敬虔さと戦うために何もしません。実際、知識は、神の愛とは別に、誇りにつながります(1コリント8:1)。ニコデモはイスラエルの教師でしたが、霊的な生活の基本さえ理解していませんでした(ヨハネ3:10)。パウロは高学歴の人であり、当時の最高のユダヤ人学校で訓練を受けており(使徒22:3)、彼の教育を利用して多くの文化の人々と効果的にコミュニケーションを取りました(使徒17:28;テトス1:12)。しかし、パウロの教育は確かに彼を聖なるものにしませんでした(テモテ第一1:16)。そして彼は常に学び、真理を知ることができなかった人々に警告しました(テモテ第二3:7)。事実を知っているだけでは、人はより良い人にはなりません。そして、高度な教育を受けた愚か者になることは確かに可能です。

教育は、神の存在の現実と、神が創造、神の言葉、そして神の息子を通して私たちに伝えてくださったという事実から始まります。私たちが神の創造についてもっと学ぶにつれて、神の知恵と力についての私たちの理解は深まります。私たちが神の言葉を研究するにつれて、私たちは神の働きにもっと備えるようになります(テモテ第二3:16-17)。私たちが神の御子についての知識を深めるにつれて(ペテロ第二3:18)、神への愛が増し、神への奉仕が強まります。

Top