聖書は汚れについて何と言っていますか?

答え



汚損とは、不純、不名誉、または冒涜されている状態です。何かを汚すことは、神や他の人に対して大きな軽蔑の行為です。罪は人、共同体、または国家を汚す可能性があります。

聖書は通常、この言葉を使用しています 汚損 儀式的または性的な不純物に関連して。偶像崇拝は、その罪に陥る人々を必ず汚します。エレミヤ32章34節で、主はイスラエルに腹を立てています。彼らは私の名を冠した家に彼らの卑劣な像を立て、それを汚したからです。偶像を主の神殿に連れて行くことは汚い行為でした。どんな種類の性的な罪も人を汚します(1コリント5:11;マタイ15:18–20)。



神がイスラエルに与えられた儀式の律法の多くは、彼らが聖なる神と交わることができるように、汚れから身を清める方法を彼らに示すことでした(レビ記7:21; 22:3)。非常に多くの詳細な法則の存在は、聖なるものと俗悪なものとの間に大きな違いがあることを示しています(レビ記10:10–11)。あらゆる種類の汚損は、意図せずに引き起こされた場合でも、人を共同体から、そして彼らの間の神の住居から分離しました(レビ記5:2)。汚された人は主の聖所に入ることができませんでした(民数記19:13、20)。



敵や後ろ向きのイスラエルが怠慢や虐待で神の神殿を冒涜したときはいつでも、神はそれが汚されたと見なされました(エゼキエル23:39; 44:7;マラキ2:11)。神殿がその汚れから清められるまで、誰も受け入れられる犠牲や祈りをささげることはできませんでした(歴代第二29:16;レビ記16:20)。祭司たちは主に仕える前に儀式的な清めの過程を経なければなりませんでした。これは、世界とのつながりが何らかの形で汚れをもたらしたことを示しています(ネヘミヤ12:30; 13:30;出エジプト記29:4)。

新しい契約の下で、新たに生まれた神の子供たちは、神の聖霊によって住まわれます(使徒2:38;ヨハネ3:3)。私たちの体は彼の神殿になります(1コリント6:19–20)。私たちが罪によって自分自身を汚したり、主ご自身を怠ったりするとき、私たちは自分の罪を神に告白することによって清めを求めなければなりません(1ヨハネ1:9)。イエス・キリストの血だけが、私たちの心を清め、神と交わるのにふさわしい力を持っています(1ヨハネ1:7)。



私たちはさまざまな方法で自分自身を汚しますが、聖書が定期的にこの言葉を使用している主な罪は2つあります 汚損 :性的不純と偶像崇拝。これらの二つの罪は、石と肉の両方の神殿を汚します(1コリント6:18を参照)。あらゆる形態の性的罪は、神の民との壊れた関係を象徴するために聖書全体で定期的に使用されている比喩です。たとえば、わがままなイスラエルは、しばしば姦淫の妻や無差別な娘と比較されました(エゼキエル16:32; 23:30;ヤコブ4:4)。性的な罪は非常に窮地に立たされているので、神はそれを使って最悪の種類の霊的な裏切りを描写しました。

どんな種類の偶像崇拝も私たちを汚します(黙示録21:8; 1ヨハネ5:21)。私たちがキリストを尊敬する以上のものを大切にするとき、私たちは偶像崇拝を行います(マルコ12:30)。私たちが自分自身を汚したことを認めるとき、私たちはそれを罪として告白し、神の許しとそれから離れる目的を求めることができます(ルカ3:8)。成功したクリスチャンは、汚れがもはや彼を定義しないように御霊の中を歩く人です(1ヨハネ3:6–10; 1コリント6:9–10;ガラテヤ5:16、19–21)。

Top