聖書は結晶について何と言っていますか?

答え



聖書には、さまざまな種類の結晶が数回言及されています。聖書は、例えば、ルビー(箴言8:11)、サファイア(嘆き4:7)、トパーズ(ヨブ28:19)について言及しています。レビティカルの大祭司が身に着けていた胸当てには12個の石があり、それぞれにイスラエルの部族の名前が刻まれていました。最初の列はカーネリアン、クリソライト、ベリルでした。 2列目はターコイズ、ラピスラズリ、エメラルドでした。 3列目はジャシンス、瑪瑙、アメジストでした。 4列目はトパーズ、オニキス、ジャスパーでした。それらは金の細線細工の設定で取り付けられました(出エジプト記39:10–13)。天の玉座から流れる川は水晶のように澄んでいて(黙示録22:1)、玉座の前の領域はガラスの海のようなもので、水晶のように澄んでいて(黙示録4:6)、生き物は、丸天井のように見え、水晶のようにきらめき、そして素晴らしいものでした(エゼキエル1:22)。聖書は決して神秘的な性質を結晶に割り当てません。

クリスタルは美しいミネラル構造であるだけでなく、さまざまな病気を癒すと称する疑似科学であるクリスタルヒーリングの実践にも使用されています。クリスタルヒーラーによると、患者の体にクリスタルを注意深く配置することは、体のチャクラと整列または刺激し、治癒を促進することになっています。



一部の人々はまた、水晶には彼らの利益のために利用して使用することができる固有の力があると信じています。クリスタルを使って悪霊や悪いエネルギーを追い払い、幸運をもたらす人もいます。水晶は、良い振動を発すると信じて、風水で使われることがあります。家を保護する過程であまりにも多くの悪いエネルギーを吸収する結晶は、振動をリセットするために浄化されなければなりません。



水晶についてのこれらの迷信的な信念はどれも聖書から来ていません。聖書は、水晶が富を引き付けたり、恋愛を再燃させたり、悪霊を追い払ったりするのに有益であるとは言っていません。また、神の霊につながるために水晶が必要であるとも言っていません。それどころか、聖書は迷信やオカルトに関連するものに従事することに対して強く警告しています。神はオカルトの忌まわしき行為を宣言し(申命記18:10–12)、魔術は偶像崇拝とともに不敬虔な振る舞いとして名付けられました(ガラテヤ5:19–21)。クリスタルをチャーム、アミュレット、またはお守りとして使用することは、オカルトの一種ですが、良性のようです。霊界を操作しようとするものはすべて、魔術として分類することができます。

水晶の迷信的な使用は、神が創造されたものを取り、不敬虔な目的のためにそれをねじる、堕落した人類のさらに別の例です。水晶は神の手仕事の印象的な例です。家の装飾にクリスタルを使用したり、ジュエリーとして身に付けたりすることに何の問題もありませんが、魔法のようなものは何もありません。保護や癒しのためにクリスタルを使用することは、根本的に偶像崇拝の習慣です。それは癒しと保護のために神以外の精神的な力に依存しているので、それは偶像崇拝です。言い換えれば、それは神以外の何かの崇拝です。偶像崇拝は聖書では繰り返し強く禁じられています(申命記4:15–20;エレミヤ44:1–4; 1コリント10:14–20; 2コリント6:16–17)。



Top