聖書は守秘義務について何と言っていますか?

答え



守秘義務の概念は聖書に出てきます。同様のトピックと同様に、機密性が良好であるか、または可能であるかどうかは、情報が誰から、どのような目的で保持されているかによって異なります。たとえそれらの秘密を暴露することが私たちの利益になるとしても、人の人生のいくつかの詳細は公の目から遠ざける方がよいでしょう。同時に、私たちが秘密にしておきたいことがいくつかあります。特に私たち自身については、告白して対処するほうがよいでしょう。

明らかに、神から何かを秘密にすることは不可能です。すべての創造物の中には、神の視界から隠されているものはありません。私たちが説明しなければならない彼の目の前で、すべてが明らかにされ、裸にされます(ヘブル4:13)。ですから、守秘義務は地上の懸念事項ですが、それは天国に垂直に及ぶものではありません。神は秘密の啓示者です(ダニエル2:22)。アラムの王はこれを困難な方法で見つけました。彼の軍隊がイスラエルの軍隊を待ち伏せしようとするたびに、イスラエル人は彼らの準備ができていました。アラムの王は、彼の将校の一人が漏れの原因を発見するまで、イスラエル人がどのように彼らの知性を獲得していたかを理解できませんでした:イスラエルにいる預言者エリシャは、あなたが寝室で話すまさにその言葉をイスラエルの王に話します(2王6:12)。守秘義務についてはこれだけです。神が何かを知ってほしいと願うなら、それは知られるでしょう。



興味深いことに、の一般的な同義語 守秘義務裁量 。これは、公開する必要のある情報と非公開にする必要のある情報を区別することが重要であるという点で理にかなっています。守秘義務を果たせなかったカウンセラーや牧師に行きたがる人はほとんどいません。それでも、他の人が情報を共有したくない場合でも、それらのアドバイザーは情報を共有する必要がある時期を判断する必要があります。たとえば、他人への脅威や自傷行為の意図を正しく秘密にすることはできません。知恵の美徳を称賛する箴言の本も、最初の5つの章で4回の裁量を奨励しています(箴言1:4; 2:1; 3:21; 5:2)。ですから、守秘義務についての聖書の質問は、それが今までに受け入れられるかどうかではなく、特定の情報がいつ秘密にされるべきかを知る方法です。



考慮すべき機密性の1つの側面は、情報を誰から秘密にしようとしているのかということです。神が見たり、聞いたり、知ることができないものは何もありません(詩篇44:21; 90:8)。ですから、神から秘密を守ろうとする試みは無意味です(エレミヤ23:24;マルコ4:22)。さらに、すべての行為と考えはいつか公の知識になるでしょう(マタイ12:36;ペテロ第二3:10)。繰り返しになりますが、いくつかの秘密は私たちの敵から遠ざけたほうがよいでしょう。サムソンが考慮しなかったことです(裁判官16:16–21)。軍事、法執行、またはビジネスの側面でも、機密保持が必要になる場合があります(ヨシュア2:1)。これは、場合によっては、知識が文字通り他の人によって所有されているためです。たとえば、ビジネス環境で機密情報を裏切ることは、盗むことと大きな違いはありません。

私たちの生活には、信仰など、秘密を守らないように明確に言われている側面があります(マタイ5:14–16)。私たちの生活には、たとえ私的なものが良いものであったとしても(マタイ6:4)、私たちと神の間にある他の側面があります(マタイ6:6)。健全な裁量から何かを秘密にしておくことは必ずしも悪いことではありません。しかし、私たちの罪の告白と悔い改めを避けることは別の話です(1コリント4:2;箴言28:13; 1ペテロ2:16)。情報が私たちのものであるか他の誰かのものであるかにかかわらず、私たちは尋ねる必要があります、私はこれを正当な理由で秘密にしているのですか?



聖書はいくつかの分野で守秘義務を要求しています。差し迫った理由がない限り、私たちは秘密裏に私たちに言われた秘密を尊重する義務があります(箴言11:13; 12:23)。実際、秘密を守ることができない人は避けなければなりません。ゴシップは自信を裏切る。ですから、話しすぎる人は避けてください(箴言20:19)。自信を維持する必要性は、自分の罪について他の人に挑戦するときにも当てはまります(マタイ18:15)。メアリーの妊娠に対するジョセフの最初の反応は、自信を持って行われた静かな離婚でした(マタイ1:19)。これは彼の義に帰する選択でした。

情報が私たちの敵に関するものである場合でも、裁量による守秘義務は重要です(箴言25:9; 17:9)。ある時点で、罪を公に非難することが必要になるかもしれません(1テモテ5:20)。しかし、これはそのような情報に対する私たちの最初の反応を意味するものではありません(マタイ18:15–17)。

聖書的には、いつ何かを非公開にし、いつ情報を他の人に渡すかを裁量で知ることには大きな価値があります。私たちは自分の罪や他人を悪意や復讐からさらそうとする誘惑に対処する必要がないように、個人の秘密を隠すことに特に注意する必要があります。ゴシップ(箴言16:28;テモテ第一5:13)や過度に論争的(テモテ第一6:4;テモテ第二2:23)ではなく、私たちが知っていることで高い道を歩むべきです。守秘義務は重要ですが、それはスクリプト的に健全な方法で維持されなければなりません。

Top