聖書はコミットメントについて何と言っていますか?

答え



聖書には、人生のさまざまな側面におけるクリスチャンのコミットメントを扱った多くの言及があります。私たちの家族、隣人、雇用主、教会、私たちの健康、そして私たちがし、言うすべてのことです(エペソ6:5;ヘブライ10:25; 1コリント6:19、31)。しかし、聖書はまた、私たちの人生の主な責任は神ご自身にあると教えています。イエスは言われた、「あなたは心をつくし、精神をつくし、思いをつくして、あなたの神、主を愛するであろう」。これは偉大で最初の戒めです(マタイ22:37-38)。

イエスは、私たちの存在のあらゆる繊維、私たちの生活のあらゆる側面が、神を愛し、神に仕えることに専念しなければならないと私たちに告げています。これは、神が私たちから何も差し控えられないので、私たちが神から何も差し控えてはならないことを意味します(ヨハネ3:16)。さらに、イエスは私たちの家族へのコミットメントに取って代わらなければならないと私たちに告げています。彼は私の弟子になることはできません。自分の十字架を背負わず、わたしの後に来る者は、わたしの弟子にはなれません(ルカ14:26-27)。そのようなコミットメントは、私たちの家族関係が切断される可能性があることを意味します。それは、キリストへの私たちのコミットメントが、どちらかまたは両方の状況が与えられた場合、私たちはそれらから離れてイエスを続けることを要求することを意味します(ルカ12:51-53)。肝心なのは、そのような約束をすることができない人は、彼の弟子になることはできないということです。



イエスは私たちに事前に警告しておられます。そのようなコミットメントと忠誠の理由は、私たちが耐えなければならないかもしれない試練が非常に厳しいものになるからです。私たちの神への忠誠は時には困難かもしれません(ヨハネ15:18)。イエスは弟子たちに警告しました。わたしがあなたに言った言葉を覚えておいてください。「しもべは主人よりも大きくはない」。使徒パウロは彼の警告を繰り返しました:確かに、キリスト・イエスの中で敬虔な生活を送りたいと願うすべての人は迫害されます(テモテ第二3:12)。



イエスは、懲らしめの代償を明らかにされました。もし誰かがわたしの後に来るなら、彼に自分自身を否定させ、毎日十字架を背負わせて、わたしに従ってください。命を救う者はそれを失うが、わたしのために命を失う者はそれを救うからである(ルカ9:23-24)。本質的に、キリストへのコミットメントの真のコストは、完全な自己否定、クロスベアリング、そして彼の継続的なフォローです。これらの義務は、私たちの犠牲、無私無欲、そして奉仕を表しています。十字架は究極の罰と屈辱を象徴しています(ガラテヤ3:13)。それ以上に、それは神の愛を完全に示しました(ローマ5:8)-世界のために神の命を与えることにおいて無私無欲で犠牲的です(マタイ20:28)。

パウロは、犠牲と奉仕における主の献身の模範に従いました。パウロは言った、私はキリストと共に十字架につけられました。もはや私が生きているのではなく、私のうちに生きているのはキリストです。そして、私が今肉体で生きている人生は、私を愛し、私のためにご自身をくださった神の御子への信仰によって生きています(ガラテヤ2:20)。



神への完全な献身は、イエスが私たちの唯一の権威であり、私たちの導きの光であり、私たちの誤りのない羅針盤であることを意味します。キリストに献身するということは、実りあることを意味します。それはしもべであることを意味します。私たちの公理は単純で簡潔です。私が生きるのはキリストです(ピリピ1:21)。

Top