聖書は癌について何と言っていますか?

答え



聖書は癌の病気について具体的に何も述べていません。しかし、それは病気の問題に対処していないという意味ではありません。ヘゼキア王は癤で病気になり(列王第二20:6–8)、それは実際には別の名前の癌であった可能性があります。だから、言葉が 聖書にはありませんが、癌である可能性が非常に高いと記載されている状態があります。イエスが地上にいたとき、彼は彼が彼らのメシアであるというユダヤ人へのしるしとして彼にもたらされたすべての病気(明らかに癌を含む可能性があります)を癒しました。しかし、すべての病気と同様に、癌は世界に対する罪の呪いの結果です。私たちが読んだ創世記3章17節で、呪われた者はあなたのための地です。翻訳された地面という言葉は、よりよく翻訳された地球です。地球は罪のために呪われており、すべての人が死にます—私たちは皆塵に戻ります—そして死の方法は地球への呪いの自然な結果である病気からであるかもしれません。病気は罰ではありません。それらは堕落した世界と呪われた地球に住んでいる結果であり、信者と不信者は同様に癌や死に至る他の病気を発症します。信者の生活の中で、神はすべてのものを一緒に善のために働いておられることを覚えておく必要があります(ローマ8:28)。そしてすべてのものには癌が含まれます。

素晴らしいことは、呪われた地球でのこの人生において、私たちがガンのような病気にかかっているにもかかわらず、私たちには希望があるということです。詩篇103篇には、この世の病気に終止符が打たれるという確信を私たちに与える素晴らしい一節があります。詩篇103:1–4は、「わが魂よ、主をほめたたえよ」と言っています。私のすべての内なる存在は、彼の聖なる名前を称賛します。わが魂よ、主をほめたたえよ。主のすべての恩恵を忘れないでください。主はあなたのすべての罪を赦し、すべての病気を癒し、穴からあなたの命を贖い、愛と思いやりをもってあなたを戴冠させます。



この箇所は、神が私たちの人生で癌や他の病気を癒してくださることを保証されているという意味ですか?いいえ、それはこの箇所の意味ではありません。むしろ、私たちの罪を赦してくださる同じ神が、いつの日か私たちを彼が私たちのために用意してくださった場所に連れて行ってくださいます(マタイ25:34)。彼の贖いは私たちを滅びから守り、それから、これ以上ののろい、病気、そして死はなくなり、私たちは彼の善と恵みで永遠に戴冠するでしょう。罪ののろいに対する最後の勝利は、すでにキリストにあって私たちのものです。



Top