聖書はノージーであることについて何と言っていますか?

答え



せんさく好きであること 聖書にはない口語的なフレーズです。私たちが人がせんさく好き(またはせんさく好き)であると言うとき、それは一般的に彼が過度に好奇心旺盛であることを意味します。せんさく好きな人は、自分に関係のないビジネスに干渉したり、望まない意見を述べたり、個人的な質問をしたりします。パウロは、ノゼイと呼ばれる可能性のある未亡人、つまり、怠惰になって家から家へと移動する習慣を身につけている未亡人について言及しています。そして、彼らはアイドラーになるだけでなく、ナンセンスを話し、すべきでないことを言う忙しい人にもなります(1テモテ5:13)。他の人の生活に侵入し、彼女に関係のないことに関与する忙しい人はノージーであり、聖書はそのようではないと言っています。

もちろん、やもめになる習慣を身につけることができるのは未亡人だけではありません。人々はあらゆる種類の状況でせんさく好きであることがわかります—オフィス、教会、家族、そしてソーシャルメディアはすべてせんさく好きな人々を含んでいます。せんさく好きになる動機は、退屈、自分の人生への不満、または他人に影響を与えたいという欲求である可能性があります。テモテの教会の忙しい人たちのためのパウロの解決策は、今日のせんさく好きな人々のための同じ解決策です。何か有益なことを見つけてください(1テモテ5:14)。



せんさく好きであることは十分に無害に見えるかもしれませんが、聖書が怠惰を悪と関連付けているのは興味深いことです。パウロは、テモテの教会の女性たちに、自分の家族で忙しくして、敵に誹謗中傷する機会を与えないように言いました(テモテ第一5:14)。箴言の作者は、「箴言は対立を引き起こし、ゴシップは親しい友人を引き離し(箴言16:28)、パウロは誹謗中傷とゴシップを愚かさ、悪意、さらには殺人(ローマ1:29–32)、罪と同一視します。それは霊的な死につながります。



人々は、誠実な助言や助けを提供するために個人的な質問をすることができます。これは厄介なことではありません。せんさく好きな人は、娯楽のために他の人と共有できる個人情報を探し出そうとしています。悪い会社は良い性格を損ない(1コリント15:33)ので、うわさ話をしたり、うわさ話をする人と友達になったりしないことが重要です。情報は、知る必要性に基づいて提供および受信する必要があります。

Top