聖書は権威について何と言っていますか?

答え



聖書によれば、権威は服従し、尊重されるべきです。聖書は残酷で不当な方法で他の人を支配したり主宰したりする人々を補償しているように見えるので、これは多くの人にとって難しい教えです。おそらく、この問題に関して最も広く引用され、よく知られている聖句は、ローマ人13から来ています。神が確立したもの以外に権威はないので、神は私たちに統治当局に服従するように忠告します(ローマ13:1)。聖書では、権威に反抗することは神に反抗することであるとさらに忠告されています(ローマ13:2)。

多くの人は、そのような箇所は慈悲深い統治者だけを扱っていると主張するでしょう。なぜなら、聖書は、これらの統治者は正しいことをする者には恐怖を持たず、彼らは神の僕であり、悪行者に罰を与える怒りの代理人であると述べているからです。権威は神の僕であり、統治に全時間を費やしているので、これが提出する必要がある理由であり、税金を支払う理由です(ローマ13:3-6)。



不当な支配者に反応することについて、神は何とおっしゃいますか?別のよく知られた挑戦的な箇所で、聖書は次のように述べています。彼はさらに次のように説明しています。善を行うことによって、愚かな人の無知な話を黙らせ、すべての人に適切な敬意を示すのは神の意志です。信者の兄弟愛を愛し、神を恐れ、王を敬う。人が神を意識しているために不当な苦しみの苦しみに耐えるなら、それは称賛に値します。そして、あなたが善を行うために苦しみ、それに耐えるなら、これは神の前で称賛に値します。これに対して、キリストがあなたのために苦しみ、模範を残して、あなたが彼の歩みに従うべきであるという理由で、あなたは呼ばれました(1ペテロ2:15、17-21)。



これらは非常に難しいメッセージであり、神がサディスティックな筋を持っていると感じるように傾く人もいるかもしれません。これは聖書の誤読です。常に他の人に愛、名誉、尊敬を示すという神の呼びかけは、神が地上で自分の王国をどのように想像しているかを表しています。彼は私たちが最大限に人生を送ることを望み(ヨハネ10:10)、私たちに栄光と永遠の命を約束します(ヨハネ3:16; 14:2-3、23)。

エペソ人への手紙第6章6-9節は、人々の目が私たちに向けられているときに単に恵みを勝ち取るだけでなく、キリストの奴隷として行動し、あなたの心から神の意志を行い、主に仕えるように心をこめて奉仕し、それを知っているように私たちに勧めています。彼は私たちが何をしても私たちに報いるでしょう。彼のメッセージは奴隷マスターにとって一貫しており、彼は彼らと彼らの奴隷の両方のマスターであるため、あなたの奴隷を同じように扱うように彼らに命じています。



列王記、列王記、列王記2冊(および今日の世界)に多くの例が示されている貧しい政府や無政府状態の政府の例にもかかわらず、神は尊敬、優しさ、服従が神の計画の一部であることを私たちに保証します(列王第一5:12-18)そしてこの規定に従わなかった場合、自己中心性のために私たちは堕落と無秩序に陥ります(列王第二3:1-9)。

要するに、神は、一時的な問題が、神と共に私たちを待っている爽快なエクスタシーに勝るものは決してないことを信者に保証します。

Top