聖書は無性愛について何と言っていますか?

答え



生理学的に、 無性愛 明らかな性器または機能的な性器がない状態として定義されます。セックスレス。ただし、通常は 無性愛 性的感情の欠如を指します。マタイ19章12節でのイエスの宦官の言及は、生理学的無性愛への言及と見なすことができますが、この記事の目的のために、私たちは性的魅力や欲求の欠如のみを扱います。人が性的欲求や魅力をまったく持たないのは間違っていますか?

パウロが1コリント7で書いていることは、聖書の無性愛についての言及に最も近いものです。 1節で、彼は男性が結婚しないのは良いことだと言っています。独身の時、家族の制約なしに、人はいつでもどこでも神によって使われることができます。対照的に、2-6節で、パウロは結婚は異性への深い情熱を持っている人にとって良いことだと書いています。結婚はそれらの情熱が敬虔な方法で満たされることを可能にします。それからパウロは7-8節で、彼は当時結婚していなかったことを明らかにしています。神はパウロに独身の賜物、幸せで満足のいく未婚になる能力を与えられました。これは、パウロがセックスに対する欲求や結婚したいという欲求をまったく持っていなかったことを意味しますか?必ずしもそうとは限りませんが、パウロの望みが何であれ、それは明らかに、神に仕えたいという彼の願望ほど消費的ではありませんでした。注– 1コリント9:5で、パウロはおそらく結婚したいという願望を示しています。



それで、人が結婚したくないというのは間違っているのでしょうか? 1コリント7によれば、いや、それは間違いなく間違いではありません。独身のままでいることは、人が神に仕えるためにより多くの時間を持てるようになるので、とても良いことです。ただし、独身のままでいることは、必ずしも無性愛、つまり異性への欲求の欠如を示しているわけではありません。 1コリント7で言及されている独身の賜物は、結婚せずに満足する能力であり、必ずしも結婚への欲求を欠いているわけではありません。結婚やセックスを望んでおらず、これが主のものであると確信している場合、彼/彼女は神の王国での心からの奉仕のために独身の時間を使うべきです。しかし、無性愛が何らかのホルモンの不均衡によるものではないことを確認するために、医療相談を求めることは間違いではありません。



Top